日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:出産と産褥期の異常

分娩停止

ぶんべんていし、Obstructed labo

海野 信也

どんな病気か

 陣痛が始まったあとで、はじめは分娩が進行していたのに、それまでと同様に陣痛が続いているにもかかわらず、2時間以上にわたって分娩の進行が認められなくなった状態をいいます。

原因は何か

 回旋異常や児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)が原因になるほか、母体の疲労による続発性微弱陣痛が原因になることもあります。

症状の現れ方

 放置すると陣痛が弱まってしまいます。母子の状態が悪化することもあります。

検査と診断

 内診、超音波検査、必要に応じて骨盤のX線検査を行って、原因をさがします。

治療の方法

 経腟分娩が可能かどうかを検討します。微弱陣痛による場合は陣痛促進薬を使うこともあります。無理と判断した場合は、帝王切開による分娩を行います。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について