日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:出産と産褥期の異常

過強陣痛

かきょうじんつう、Excessively strong pains

海野 信也

どんな病気か

 陣痛が過剰に強いことを過強陣痛と呼んでいます。子宮の収縮が非常に強く、長く続きます。

原因は何か

 十分な陣痛があっても分娩が進行できない状態(狭骨盤(きょうこつばん)、児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)、軟産道強靭(なんさんどうきょうじん)などの産道に原因がある場合、巨大児の場合、骨盤位(こつばんい)、横位(おうい)など胎位や胎勢に原因がある場合など)が続くと、陣痛が過剰に強くなってしまうことがあります。

 陣痛促進薬の効果が強く出てしまった場合も、過強陣痛になります。

症状の現れ方

 母体は強い疼痛のために興奮状態となります。体動を自制できなくなることもあり、その場合、ベッドや分娩台から落ちてしまうこともあります。

 分娩の進行は急速になり、産道の準備が整わない段階で強い力が加わるため、子宮破裂、頸管裂傷(けいかんれっしょう)、会陰(えいん)裂傷弛緩出血(しかんしゅっけつ)などの母体損傷を起こしやすくなります。また、強い陣痛のストレスのために胎児の状態が悪化することが多いことが知られています。

検査と診断

 臨床症状から明らかなことが多いのですが、原因をできるだけ早く確定し、適切な対策を講じる必要があります。

治療の方法

 陣痛促進薬の投与中に発症した場合は投与を中止し、母子の全身状態の改善に努めます。必要に応じて子宮収縮抑制薬の投与を行うこともあります。

 原因が除去できない場合には、経腟分娩をあきらめ、帝王切開による分娩を行います。

病気に気づいたらどうする

 陣痛の周期が短く、休みなく子宮の収縮を感じる場合や疼痛が非常に強い場合は、医師または助産師に状況を説明して、過強陣痛ではないかどうかを確かめることが必要です。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について