日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:性器の形態異常と損傷

処女膜裂傷

しょじょまくれっしょう、Laceration of the hymen

西井 修

どんな損傷か

 腟の入り口にある処女膜に生じる裂傷で、性交や分娩により起こります。

原因は何か

 処女膜は性交渉の経験の無い女性ではこのヒダが腟口の一部を塞いでいますが、性交や分娩などの過進展により裂傷や破綻します。とくに暴力的な性行為後などに認められ、裂傷が処女膜だけでなく、会陰や腟壁まで及ぶことがあります。

検査と診断

 左右の小陰唇に囲まれた腟口の入り口にある薄いヒダである処女膜に裂傷を認めます。

症状の現れ方

 処女膜は性交時に破綻しますが、その際に出血や痛みを生じることがあります。多くは一時的なものでほとんど処置を必要とすることはありませんが、まれに損傷の程度が大きい裂傷となることがあります。

治療の方法

 出血が多い場合や痛みの強い場合は、縫合などの処置を必要とすることがあります。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について