日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:性器の形態異常と損傷

腟欠損

ちつけっそん、Vaginal agenesis

百枝 幹雄

どんな病気か

 先天的に腟の一部または全部が欠損するもので、上部腟欠損、下部腟欠損、全腟欠損に分類されます。頻度は4000~5000人に1人とされ、そのうち95%は月経を起こしうる機能性子宮を持ちません。

 全腟欠損で機能性子宮をもたない場合をロキタンスキー・キュストナー・ハウザー症候群と呼び、腟欠損のなかで最も頻度が高いものです。

症状の現れ方

 腟欠損で機能性子宮をもつ場合には、思春期以後、月経に伴って子宮や卵管への月経血の貯留を来すため、月経血をみないまま周期的な腹痛を来す月経モリミナという症状が現れます。また、機能性子宮の有無にかかわらず、性交渉の障害を来します。

治療の方法

 治療は手術療法しかなく、従来各種の術式が行われてきました。

 主な術式は、フランク法(腟前庭(ぜんてい)をヘガールなどで圧伸して腟腔(ちつくう)を形成したのち、その腟腔を拡張する方法)、マッキンドー法(観血的に腟腔を形成したのち、皮膚移植により腟壁(ちつへき)を形成する方法)、ダビドフ法(観血的に腟腔を形成したのち、骨盤腹膜を利用して腟壁を形成する方法)、ルーゲ法(観血的に腟腔を形成したのち、開腹してS状結腸を切り離し、腟管として利用する方法)があります。

 また、近年、腹腔鏡下手術の進歩により、より体への負担が少ない(低侵襲)、骨盤腹膜やS状結腸を利用した造腟術も可能になっています。

 いずれの術式を選択しても、造腟術後に腟管の状態を維持するためには、定期的な性交渉あるいはプロテーゼ(筒状の拡張器具)による自己管理が必要となるため、性交渉を目的とする場合には、手術を行う時期としては性交渉のパートナーが現れてからが好ましいといえます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について