日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:外陰と腟の病気

腟けいれん

ちつけいれん、Vaginismus

藤原 敏博

どんな病気か

 性機能不全(せいきのうふぜん)はいくつかの原因に分類され、性交疼痛(せいこうとうつう)障害もこのなかに含まれます。性交疼痛障害はさらに、性交疼痛症と腟けいれんに分類されます。

 腟けいれんは、「腟の外3分の1の部分の筋層に、反復性または持続性の不随意性(ふずいいせい)れん縮が起こり性交を障害するもの」と定義されます。

 腟けいれんは、性交経験のない人に起こる原発性腟けいれんと、性交経験のある人に起こる続発性腟けいれんとに分かれます。腟けいれんの頻度は正確にはわかっていませんが、不妊症や性交障害で病院を訪れる人の5~17%程度にみられるという報告があります。

原因は何か

 原発性腟けいれんの多くは、幼少期の性的障害や、性への消極的思考の教育、宗教的な罪悪感、望まない結婚などが関係するといわれています。

 続発性腟けいれんの場合は、さらにパートナーとの関係の難しさが関係してくることもあり、結婚後何年もしてから症状が現れることもあります。また、性交疼痛症を伴うこともしばしばで、腟けいれんとの区別を困難にしています。

症状の現れ方

 原発性腟けいれんでは、性交を試みようとすると外陰部の疼痛を訴えるため、性交が不能となります。続発性腟けいれんでは、男性器挿入時に疼痛を訴えます。

検査と診断

 問診や病歴によって腟けいれんを疑いますが、確定診断は腟の検査を行うことになります。ただし性器という場所ゆえに、なかなか検査が行いにくいというのが現状です。

治療の方法

 腟けいれんは、無意識の心理的葛藤が身体的症状として現れる、いわゆる心身症(しんしんしょう)としてとらえることができます。このような場合には、精神医学的療法が効果的です。同時に、パートナーとの関係の見直しや、家庭環境の改善も必要になってきます。

 物理的な治療として、器具の挿入による腟の段階的拡張を行うほか、局所への麻酔薬入りゼリーの塗布、向精神薬の内服などの方法があります。

病気に気づいたらどうする

 診断が難しいことと、治療には時間がかかることがあるので、まずは産婦人科に相談に行くのがよいでしょう。その後、必要に応じて専門家の治療を受けることになります。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について