日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:外陰と腟の病気

尖圭コンジローマ

せんけいコンジローマ、Condyloma acuminatum

八杉 利治

どんな病気か

 主に性行為によって、ヒトパピローマウイルス(HPV、コラム)が感染して腫瘤(しゅりゅう)(いぼ)ができる病気です。代表的な性行為感染症(STD、コラム)のひとつで、尖圭コンジローマの人と性行為をすると、60~80%が感染するといわれています。

 好発年齢は10代後半~30代前半で、いぼがよくできる部位は外陰・腟・子宮頸部(けいぶ)の皮膚および粘膜で、臀部(でんぶ)や腹部、大腿にまで広がることはないといわれています。外陰部のなかでは、会陰(えいん)や腟入口後部、小陰唇に多くできます。

 外陰部の尖圭コンジローマの多くはHPVの6型および11型が発生原因で、がんとの関係はほとんどないと考えられています。

症状の現れ方

 HPVの感染が成立するには、皮膚の表層の細胞ではなく基底層の細胞への感染が必要なので、いぼがよくできるのは性行為で表皮に損傷を受けやすい部位です。HPVの潜伏期は3週~6カ月とされています。感染後平均約3カ月の潜伏期間をへて、いぼが形成されます。

 症状は、尖圭コンジローマ自体ではいぼが触れたり、帯下(たいげ)(おりもの)が増えるだけですが、トリコモナス腟炎やカンジダ外陰・腟炎、淋菌(りんきん)感染などを伴うことも多いため、かゆみや痛みなどを感じることもあります。

 子宮頸部や腟の尖圭コンジローマでは無症状のこともあります。そのため、子宮頸がん検診での細胞診の異常をきっかけに発見されることが少なくありません。

検査と診断

 外陰部などに発生する典型的なものは、角化が強く、隆起したいぼの表面が無数の尖(とが)った硬い突起で埋めつくされており(鶏冠様(けいかんよう))、大きないぼを形成することもあります。このようなタイプは視診だけでも容易に診断できますが、角化の不十分な病変やいぼの形成が不完全な初期病変などでは、診断に苦慮することも少なくありません。

 区別すべき病気として、ボーエン様丘疹症(きゅうしんしょう)(HPV16型の感染などによる前がん病変)、外陰がんなどがあり、組織の一部を切り取って診断することが重要です。

治療の方法

 外科的切除、電気凝固、冷凍療法、レーザー蒸散などの外科的療法が一般的でしたが、最近イミキモドクリーム(ベセルナクリーム)が外用薬として用いられることが多くなりました。

 尖圭コンジローマは再発が多いと主張する専門家もいますが、腟や子宮頸部の病変の制御が不十分な場合に再発するという意見もあります。

病気に気づいたらどうする

 外陰部のいぼに気づいた場合は、婦人科への受診をすすめます。

関連項目

 子宮頸がん外陰がん性行為感染症(コラム)、ヒトパピローマウイルス(コラム)

ヒトパピローマウイルス(HPV)

 ヒトパピローマウイルス(HPV)と子宮頸(けい)がんの関係が注目されるようになったのは、子宮頸がんの生検(組織の一部を採取して調べる検査)材料から1983年にHPV16型、1984年にHPV18型が見つかり、これらが子宮頸がんの組織に高率に検出されることが報告されたためです。

 HPVの型は極めて多様で、現在までに80を超える型に番号が与えられています。さらに新たな型が発見されており、実際には100を超える型が存在すると考えられています。

 そのうち、婦人科領域に関連の深い型は30以上あります。6型と11型は外陰や子宮頸部などの尖圭(せんけい)コンジローマを生じることが知られており、16・18・31・33・35・45・51・52・56・58・59・61・66・68型などは子宮頸がん、およびその前駆病変である異形成(いけいせい)から検出されます。

 HPVは広く蔓延(まんえん)しており、性交渉の経験があれば一生の間には半数以上の女性が感染すると考えられています。感染が成立しても、明らかな病変をつくるのはその一部であることもわかっています。

八杉利治

性行為感染症(STD)

 性行為で感染する可能性のある感染症の総称ですが、性感染症と呼ぶほうが一般的です。

 婦人科領域で扱う性感染症は、性器クラミジア症、性器ヘルペス症、尖圭(せんけい)コンジローマ、梅毒(ばいどく)、淋菌(りんきん)感染症、トリコモナス症などがあります。これらの多くは女性器に何らかの症状が現れ、婦人科を受診すれば診断が可能です。性感染症には、HIV感染症(エイズ)やウイルス性肝炎など全身症状を主症状とする病気も含まれます。

 いわゆる「性の自由化」が進んだため、最近、性感染症が蔓延(まんえん)する傾向にあります。予防のためには、不特定多数との性交渉を避け、コンドームを性行為の間を通して用いるなど、一人ひとりの自覚が重要であることが指摘されています。

八杉利治

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について