日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:子宮の病気

子宮頸管ポリープ

しきゅうけいかんポリープ、Cervical polyp

矢野 哲

どんな病気か

 子宮頸管粘膜の増殖性病変で、茎(くき)をもつような形で発育して外子宮口から露出していきます。深紅色のポリープ(キノコ状の小さな腫瘍)で、多くは単発で発生し、数㎜~数㎝の大きさです(図8)。30~40代の多産婦に多くみられます。がんなど悪性のものに変化することは、ほとんどありません。

原因は何か

 原因は明らかではありませんが、子宮頸管の慢性炎症が原因のひとつとして考えられます。

症状の現れ方

 無症状なものが多いのですが、少量の不正性器出血(ふせいせいきしゅっけつ)や帯下(たいげ)(おりもの)の増量がみられることがあります。

治療の方法

 産婦人科を受診すればすぐ診断がつき、その場で取り除く処置が行われます。まれに、子宮体がんなどの悪性病変がポリープ状になって子宮腔内から外子宮口へと突出していることがあるので、摘出物は必ず病理検査を行います。

 子宮頸管ポリープは、基底部から切除できたと思われても、残って再発することがあります。

図8 子宮頸管ポリープ

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について