日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

女性の病気と妊娠・出産:子宮の病気

子宮後転症(子宮後傾後屈症)

しきゅうこうてんしょう(しきゅうこうけいこうくつしょう)、Retrodeviation of the uterus (Retroversioflexion)

竹内 亨

どんな病気か

 子宮は通常、前傾前屈(ぜんけいぜんくつ)の位置をとっていますが、後傾後屈の位置をとる状態を子宮後転症(子宮後傾後屈症)と呼びます(図4)。正常女性の約20%に認められるといわれています。

 とくに障害を伴わない場合は病気とはみなしません。子宮後転症はかなり以前には病的と考えられ、手術が行われていた時代もありましたが、現在では治療の対象とは考えられていません。

原因は何か

 大部分は可動性であり、病気ではありません。

 骨盤内の炎症や子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)などが原因で、子宮と直腸あるいは骨盤腹膜と癒着(ゆちゃく)し、非可動性の子宮後転症になっていることもあります。

 この場合には、原因疾患による症状が現れることはありますが、子宮後転症そのものによる特有な症状というものはありません。

症状の現れ方

 子宮後転症だけに特有な症状はありません。

検査と診断

 内診や超音波検査により容易に診断が可能です。

治療の方法

 現在では子宮後転症そのものは異常とは考えられていないので、治療の対象にはなりません。

病気に気づいたらどうする

 子宮後転症が癒着に起因するものであれば、原因疾患が治療の対象になるかどうかを調べるため、検査を受けることが望ましいと考えられます。

関連項目

 骨盤腹膜炎子宮内膜症

図4 子宮後転症(子宮後傾後屈症)

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について