日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

お年寄りの病気:頭頸部の症状

耳鳴りがする

みみなりがする、Noise in the ear

大前 由紀雄

どのような状態か

 外界では音がしないのに、耳のなかや頭のなかで音が感じられる状態を、耳鳴りといいます。耳鳴りは、他人から聞こえない自覚的耳鳴(じかくてきじめい)と、血液の流れる音や筋肉の収縮音など、他人からも聴取できる他覚的耳鳴(たかくてきじめい)に大別できますが、自覚的耳鳴であることがほとんどです。

 疲れた時や静かなところで、キーンとかジーといった耳鳴りを感じることがありますが、短時間で感じなくなるものはまず心配ありません。耳鳴りが絶えず聞こえたり、だんだん大きくなる場合や、夜も眠れないほど気になる場合が問題となります。

 また、睡眠不足や疲労などのストレスが加わると耳鳴りが大きく感じられ、こうした耳鳴りに対する不安がさらにストレスとなって、ますます耳鳴りが気になるといった悪循環が生じます。

必要な検査と疑われる病気

 耳鳴りの多くは、何らかの難聴を伴っています。耳鳴りの治療法も、原因によって異なります。したがって、耳鳴りが気になる時は、聴覚検査などを受けて難聴の有無やその原因を調べることが大切です。

 原因に応じた治療を受けることで、改善できる耳鳴りもあります。一方、耳鳴りの根治はできなくても、原因をはっきりさせたり精神的な安心感を得ることで、耳鳴りの苦痛が軽減することもあります。

 耳鳴りの大半は、命の危険を伴う病気ではありませんが、脳腫瘍(のうしゅよう)(聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう))による耳鳴りのこともまれにあります。がんこな耳鳴りを感じたり、急に聞こえが悪くなったり、めまいを感じるなどの場合は、必ず専門医への受診が必要です。

家庭での対処のしかた

 耳鳴りを確実に消失させる治療方法は、いまのところありません。原因に応じた治療を行います。

 薬を使わない耳鳴りの治療法として、マスカー療法があります。これは、外部から雑音を聞かせて耳鳴りを遮断する方法です。同じ考え方から、自分の好きな音楽や音を聞くのも耳鳴りを軽減させるひとつの方法です。また、音響療法と心理療法を併用したTRT(tinnitus retraining therapy)が有効なケースもあります。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について