日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

お年寄りの病気:頭頸部の症状

首・肩が痛い

くび・かたが痛い、Neck and shoulder pain

山口 雅庸

どのような状態か

 「首・肩が痛む」とは、首や肩の関節が痛む場合と、筋が痛む場合の2つがあります。該当する関節には、あごと首の関節があります。筋では、口を閉じたり咀嚼(そしゃく)に関わる筋、首から肩にかけて走行する僧帽筋(そうぼうきん)などがあります。

 痛みが起こる原因には、関節かん/せつリウマチ、顎関節症(がくかんせつしょう)、外傷などがあります。

必要な検査と疑われる病気

 関節リウマチ

 顎関節や頸椎(けいつい)に関節リウマチが発症すると、強い痛みが起きます。そのまわりの筋にも筋痛症(痛み)が起きます。顎関節の病状(破壊)が進めば開口障害(かいこうしょうがい)、開咬(かいこう)(上下の臼歯(奥歯)のみが接触して、前歯の接触がない)のほか、下あごの後退によって顔貌(がんぼう)の変化も起きます。

 関節リウマチの疑いがあれば膠原病(こうげんびょう)科などでの精密検査が必要で、血液検査やX線検査を行います。

 すでに関節リウマチと診断されている場合は、筋痛症、関節痛の部位や程度を明確にするための検査と、骨先端や頸椎の状態を調べるためにX線検査を行います。

 近年、メトトレキサート(リウマトレックス)などによる関節リウマチの治療が進み、本疾患に伴う痛みはコントロールされることが多くなっています。

 顎関節症

 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、筋性顎関節症(きんせいがくかんせつしょう)、関節円板(かんせつえんばん)の異常から起こる顎関節症、慢性微小外傷性、および心身症的疾患としての顎関節症があります。このうち変形性関節症では、下顎骨の先端の平担化、骨辺縁の変形が起き、多くの場合、炎症を伴います。

 症状には、顎関節とその周囲の筋や筋膜に生じる痛み、あごを動かした時のクリック音(関節内の関節円板があごを動かした時に発するパチンという音)などがあります。歯科で噛み合わせの検査、必要に応じてX線やMRI検査を行います。

 ③外傷

 硬いものを強く噛んだ時、噛み合わせの高さが低い、あるいは急に大きく口を開くことにより、痛みを伴う外傷性顎関節炎(がいしょうせいがくかんせつえん)が起こることがあります。その場合は歯科での検査が必要です。症状が急に現れた時の画像検査では、関節内の浮腫(むくみ)や、出血による関節腔の拡大がみられることがあります。

受診について

 首・肩だけに痛みがあれば整形外科、顎関節に痛みが集中していれば歯科、指のこわばりがあれば内科などを通じて、膠原病科を受診することをすすめます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について