日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

お年寄りの病気:全身的な症状

出血しやすい

しゅっけつしやすい、Frequent bleeding

服部 明徳

疑われる病気と対処のしかた

 高齢者では、手足の血管や血管のまわりの皮下組織がもろくなっています。そのため、少し圧迫したりさすったりするだけで、血管が破れて青あざになります(老人性紫斑(しはん))。

 紫斑は新しく出現した時は赤く、時間が経過すると黒くなってきます。たいていは病気ではないので、心配はいりません。しかし、痛みを伴っていたり、大きさが手のひらより大きいようでしたら、一度病院を受診してください。

 歯ぐきからの出血や、鼻出血が止まりにくい時には、すぐ病院を受診してください。血を止めにくくする薬(ワーファリン)が効きすぎていたり、血を止めるのに必要な血小板が病気で減少していることが考えられます。

 赤い粒々が手足に現れる時には、点状の出血斑が考えられます。原因としてはアレルギーが多いので、最近処方された薬はあるか、熱はないか、関節やおなかが痛くないかを調べます。

 血が止まりにくい時には病院を受診してください。青あざの場合は、痛みを伴っていたり大きさが大きい時には病院を受診してください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について