日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

お年寄りの病気:全身的な症状

頸部や腋の下にグリグリが触れる

けいぶやわきのしたにグリグリがふれる、Lump in neck or under arm

服部 明徳

どのような状態か・対処のしかた

 頸部のグリグリは、唾液腺(だえきせん)、リンパ節、甲状腺(こうじょうせん)、動脈のいずれかです。腋の下のグリグリはリンパ節です。

 頸部や腋の下にグリグリが触れた場合は、まず朝・夕の体温を測ります。体温が上昇している時には病院を受診してください。病院ではグリグリが何であるかを検討するとともに、血液検査で白血球などを測定して炎症の有無を確認します。そして、熱の原因とグリグリとの関連について調べます。

 体温が平熱だった時には、1~2週間様子をみてください。大きさが小さくなっていれば、まず心配はいりません。頭にかぶれがあったり歯ぐきがはれたりすると、頸部のリンパ節が大きくなりますが、原因となるかぶれなどがよくなればリンパ節も小さくなります。そのまま様子をみてください。

 もし大きさが変わらないか、大きくなってくる時には病院を受診してください。グリグリの正体がリンパ節なのかどうか調べます。場合によってはグリグリの一部をつまんで細胞を調べてから、治療を始めます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について