日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

お年寄りの病気:全身的な症状

立ちくらみがある

たちくらみがある、Dizziness on standing up

服部 明徳

疑われる病気と対処のしかた

 立ちくらみの原因として頻度の高いものには、発熱・脱水・貧血などがあります。立ちくらみがあった時には、まず熱を測ってください。発熱があれば、「急に高熱が出た」「微熱が続く」を参照してください。

 熱がなければ、病院で検査を受けることをすすめます。貧血や脱水は血液検査で診断できます。貧血と診断されたら、その原因を調べます。

 また、寝ていた状態から立ち上がる際に「ふらっ」とする時には、起立性低血圧(きりつせいていけつあつ)を疑います。パーキンソン病の人や、血圧の薬を内服している人によくみられます。

 まわりがぐるぐる回る時には、めまいと考え、耳鼻咽喉科に受診します。特定の頭の位置によって、めまいが起こることもあります。

 立ちくらみがして倒れた時にけがをしたり、立ちくらみが頻回に起こる時には、精密検査と治療が必要なので、必ず病院を受診してください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について