日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

お年寄りの病気:全身的な症状

急に高熱が出た

きゅうにこうねつがでた、Sudden high fever

服部 明徳

必要な検査と疑われる病気

 夜に急に高熱が出た時には、まず全身の状態をみます。ぐったりしている、嘔吐して食事がとれない、呼吸が苦しそうといった時には、すぐ救急外来を受診してください。腹痛がある時も様子をみていないで、救急外来にかかったほうがよいと考えます。

 状態が比較的安定していて腹痛がなければ、翌日に病院を受診してください。感染が疑われる時には抗生剤が処方されます。

 咳(せき)やむせることがあれば、気管支炎肺炎を疑います。トイレが近いようならば膀胱炎(ぼうこうえん)が考えられます。抗生剤が効けば2~3日で熱は下がるので、この間はスポーツドリンクなどで水分の補給を心がけてください。ただし、糖尿病の人はスポーツドリンクでは血糖が上昇することがあり、注意が必要なので、かかりつけ医に相談してください。

 2~3日たってもよくならない時は、感染症以外の病気を考えたり、病原体(細菌など)が強いため抗生剤を点滴で投与する必要があるかもしれないので、再度受診してください。

 全身、とくに首の痛みが強く歩けない時には、リウマチ性多発筋痛症せい/た/はつ/きん/つう/しょうを考えます。また、膝(ひざ)などの関節が熱をもってはれている時は、偽痛風(ぎつうふう)を考えます。いずれも、感染症以外で高熱を出す、高齢者に特有の病気です。これらは抗生剤の投与ではよくならないので、病院を受診し検査を受けてください。

 繰り返し高熱を出す時には、その原因を調べます。「むせ」から誤嚥性(ごえんせい)肺炎を繰り返していたり、尿の出が悪くて膀胱炎を繰り返しているのかもしれません。血液の病気(悪性リンパ腫など)も考えられます。高熱の治療だけでなく、その原因となる病気を治さなければいけません。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について