日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

子どもの病気:感染症

ジフテリア

ジフテリア、Diphtheria

大石 智洋

どんな病気か

 ジフテリア菌によって、主に鼻やのどが侵される病気です。三種混合ワクチンの普及によりほとんどみられなくなりました。しかし、心筋炎を合併すると死に至ることもあります。

原因は何か

 ジフテリア菌の感染によります。

症状の現れ方

 潜伏期間は2~5日で、感染者の痰やつばから感染します。鼻に感染すると鼻みずなどのかぜ症状が起きます(鼻ジフテリア)。のどに感染すると発熱やのどの痛みを来すようになります(扁桃(へんとう)・咽頭(いんとう)ジフテリア)。さらに喉頭(空気の通り道の入り口)に感染すると声がかれたり、犬が吠えるような咳(せき)を起こすようになります(喉頭ジフテリア)。

 合併症としては、ジフテリア菌がつくる毒素により起こる心筋炎に注意します。

検査と診断

 ジフテリア菌を培養する検査で診断が確定します。しかし、心筋炎を防ぐためにも早期の治療が必要なので、たいていは症状からジフテリアを推定し、すぐに治療を開始します。

治療の方法

 毒素に対して効果のある血清を注射します。また、ジフテリア菌に効果のある抗生剤で治療します。

 しかし、予防にまさる治療はありません。現在行われている三種混合ワクチンや二種混合ワクチンは予防効果が優れているので、必ず受けてください。

病気に気づいたらどうする

 声がかれ、ケンケンという犬が吠えるような咳をした時はすぐに医療機関を受診してください。その時、三種混合ワクチンや二種混合ワクチンの接種歴も確認しておいてください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について