日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

子どもの病気:代謝異常の病気

ビオプテリン異常症

ビオプテリンいじょうしょう、Inborn error of biopterin metabolism

大浦 敏博

原因は何か

 フェニルケトン尿症の原因はフェニルアラニン水酸化酵素の異常ですが、フェニルアラニン水酸化酵素が正常にはたらくためにはテトラヒドロビオプテリン(BH4)という物質が必要であることがわかってきました(図42)。このような酵素のはたらきを助ける物質のことを補酵素と呼んでいます。

 ビオプテリン異常症とはビオプテリンの代謝経路の異常によりテトラヒドロビオプテリンが欠乏し、フェニルアラニン水酸化酵素活性が低下する病気です。そのため、フェニルケトン尿症と同様にフェニルアラニンが体内に蓄積します。

 新生児マススクリーニングでフェニルアラニンが高いために病院を受診し、フェニルケトン尿症が疑われた新生児10人に1人くらいの割合でビオプテリン異常症が発見されています。

症状の現れ方

 フェニルケトン尿症と診断され、低フェニルアラニン食事療法を行っているにもかかわらず、知能障害やけいれんが改善しないのが特徴です。かつては原因がわからなかったので悪性高フェニルアラニン血症と呼ばれていました。

治療の方法

 本症はフェニルアラニンが体内に蓄積するだけでなく、脳内で信号や情報を伝える役割をもつ物質(神経伝達物質)が欠乏することがわかっています。そのため、治療にはテトラヒドロビオプテリンを投与するだけでなく、体内で神経伝達物質に変化する薬物を投与することが必要です。

図42 フェニトルケトン尿症における代謝異常

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について