日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

子どもの病気:消化器の病気

ビタミン障害

ビタミンしょうがい、Vitamin deficiency or excess

竹内 一夫

どんな病気か

 ビタミンは、体の代謝を調節して体調を維持するために必要な栄養素です。ビタミンのほとんどは体内で作られないため、食事からとらなくてはなりません。

 レトルト食品、ファーストフード、頻繁な外食など食生活が変化していること、朝食をとらない、偏食など不適切な食生活によりビタミン欠乏が起こりやすくなっています。

 また、ビタミン欠乏を補おうと、サプリメントなどからビタミンを摂取することで、逆にある種のビタミンが過剰摂取になることもあります。

 欠乏症を起こしやすいビタミンはA、B1、B2、ナイアシン、C、Dです。

症状の現れ方

 ・ビタミンA欠乏‐夜盲症(やもうしょう)、目の乾き、皮膚のかさつき

 ・ビタミンB1欠乏‐脚気(かっけ)、食欲不振、疲れやすい

 ・ビタミンB2欠乏‐口内炎、口唇・口角が荒れやすい

 ・ナイアシン欠乏‐口内炎、皮膚のかさつき

 ・ビタミンC欠乏‐皮下出血しやすい

 ・ビタミンD欠乏‐くる病、骨変形

治療の方法

 ビタミンを多く含む食品は以下のとおりです。

 ・ビタミンA‐ニンジン、レバー、マーガリン

 ・ビタミンB1‐玄米、豚肉、ゴマ

 ・ビタミンB2‐レバー、ノリ、シイタケ

 ・ナイアシン‐青身魚、レバー

 ・ビタミンC‐ブロッコリー、イチゴ、キウイ

 ・ビタミンD‐マグロ、イワシ

 レトルト食品やファーストフードに頼らず、3食きちんとバランスのよい食事をとることが大切です。これが守られれば、とくに食品に神経質にならなくてもビタミン欠乏は起こりませんし、サプリメントも必要ありません。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について