日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

子どもの病気:消化器の病気

鵞口瘡

がこうそう、Thrush

竹内 一夫

どんな病気か

 カンジダアルビカンスというカビによる口腔内の感染により、口のなかに白い斑点のような塊(白苔(はくたい))が付着する乳児期の病気です。

原因は何か

 カンジダアルビカンスが乳児の口に入り、感染します。

 新生時期は産道からの感染で、乳児期には、哺乳時にカンジダの付着した手指や乳頭、哺乳びんから感染します。

 幼児期以降ではほとんど起こりません。

症状の現れ方

 口腔粘膜、舌、口蓋に白い斑点のようなミルクかすに似た塊が付着します。ミルクかすの場合はこするとすぐに取れますが、鵞口瘡の場合はこすってもなかなか取れず、無理に取ると出血します。ほとんどが無症状ですが、たまに痛みのために哺乳量が減ることがあります。

 口腔内のカンジダを飲み込み、便中に出ることで、カンジダによるおむつかぶれを合併することもあります。

検査と診断

 視診と、こすっても取れにくいということで診断します。採取した白斑に水酸化カリをたらし、顕微鏡でカンジダを観察することで確認します。

治療の方法

 軽症で無症状のことが多いため、治療せずに経過観察します。

 範囲が広かったりびらんによる痛みのため哺乳に影響する場合は、ファンギゾンシロップを1日3~4回塗ります。通常、数日で治りますが、繰り返す場合もあります。

 鵞口瘡になったら、手指や乳頭の清潔や、哺乳びんの消毒に注意が必要です。

病気に気づいたらどうする

 口のなかに取れにくいミルクかすのようなものがあったら、医療機関を受診してください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について