日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

子どもの病気:新生児の病気

産瘤

さんりゅう、Caput succedaneum

佐藤 尚

 赤ちゃんが狭い産道を通過する際に、周囲からの圧迫によって先頭で進む部分の皮下の軟部組織に浮腫(ふしゅ)(むくみ)や出血が起こり、こぶ状に隆起したものです。多くの赤ちゃんは頭を先にして生まれてきますので、その際は頭部に生じます。先頭で進む場所によっては臀部(でんぶ)や足にできることもあります。

 出生直後からみられ、手のひらで包みこめる程度の大きさです。産道を通過する際の摩擦により、表面や周囲の皮膚に擦り傷ができることもあります。指で押すと軟らかく、押した跡にくぼみが残ります。これに似たものに頭血腫(とうけっしゅ)がありますが、頭血腫は触れるとなかに液体がある感じ(波動性)があり、押したあともくぼみが残らないことで区別できます。

 2~3日で自然に吸収されて消えます。とくに病的なものではなく、治療の必要はありません。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について