日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

「健康寿命」に詳しい久野譜也先生が、あなたの質問に答えます!

 2018年6月の回答者は、日経Goodayの連載「久野教授の『カラダの強化書』」でおなじみの、筑波大学大学院スポーツ医学専攻教授の久野譜也先生です!

久野譜也(くの しんや)さん
筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻教授、医学博士
1962年生まれ。筑波大学体育専門学群卒業。同博士課程医学研究科修了。ペンシルべニア大学医学部客員研究員、東京大学大学院助手を経て、96年筑波大学先端学際領域研究センター講師、2011年から現職。
 スポーツ医学の分野において、中高年の筋力トレーニング、サルコペニア肥満、健康政策などを研究。2002年に、健康増進分野では日本初の大学発ベンチャー「株式会社つくばウエルネスリサーチ」を設立。著書に『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』(飛鳥新社)、『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由』(毎日新聞出版)など。

 スポーツ医学の分野において、中高年の筋力トレーニング、サルコペニア肥満、健康政策などを長年研究してきた久野先生は、「健康で長生きするためには、筋肉というかけがえのない財産を上手に管理していくことが重要」と強調します。

 久野先生の連載では、「なぜ筋トレをした方がいいのか」というエビデンス(科学的根拠)の紹介をはじめ、「おとなの筋トレ」メニューや、筋トレとセットで取り入れたい有酸素運動の効用など、健康寿命を延ばすための様々なヒントを紹介し、大きな反響を呼んできました。

 「健康寿命を延ばしたい」と思っている方、「足腰を無理なく鍛えたい」と思っている方、「将来の寝たきりや認知症を予防したい」と思っている方。連載を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなどを、久野先生に聞いてみませんか?

【質問例】
・「定年退職してから外出の機会が減り、体力が落ちた気がしています。毎日30分ほど散歩をしているのですが、それでは足りないでしょうか?
・「筋肉をつけたくて、毎日スクワットを20回しているのですが、効果が実感できません。回数を増やした方がいいでしょうか?」

 日本全国の講演会に引っ張りだこの久野先生に質問ができる貴重なチャンスです! この機会にぜひご質問をお寄せください。回答は2018年6月に掲載いたします。


 ※質問受付は5月20日をもって締め切りました。ありがとうございました。(質問募集期間:2018年5月1日~20日)



久野先生が登場する主な記事

連載 チリツモ筋トレで人生を変える! 久野教授の「カラダの強化書」

特集 体も脳も若返る!「健康寿命」の延ばし方


!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.