日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

「血液サラサラ」の栗原 毅先生があなたの質問に答えます!

 2018年8月の回答者は、日経Gooday読者に人気の高い「血液サラサラ」「中性脂肪・コレステロールの下げ方」「脂肪肝・肝機能値の見方」などの記事でおなじみの、栗原クリニック 東京・日本橋院長の栗原 毅さんです!

 栗原先生は「血液サラサラ」の名付け親で、中性脂肪やコレステロール、肝臓関連、緑茶の健康効果などの著書も多数出されています。

 最近、栗原先生にご登場いただいた「中性脂肪を減らす2大ポイントとは? 実は筋トレも大切だった」の記事はとても好評で、日経Goodayのランキング・トップ10の常連になっています。

栗原 毅(くりはら たけし)さん
栗原クリニック 東京・日本橋院長
 1951年新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。東京女子医科大学消化器病センター内科、東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授などを経て現職。総務大臣・厚生労働大臣共同の「遠隔医療の推進方策に関する懇談会」構成員も務める。医学博士。
 肝臓専門医として肝臓病などの消化器疾患、糖尿病などに対する質の高い医療を実践する。「血液サラサラ」の名付け親でもある。『中性脂肪を自力でみるみる下げるコツ』(河出書房新社)、『<糖化>ストップで糖尿が解消、肌も頭脳も若返る』(主婦の友インフォス)など著書多数。

 「血液をサラサラにするための生活習慣」「コレステロールや中性脂肪の下げ方」「健診結果で注意すべきポイント」「お酒とコレステロールの関係」など、記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなどを、栗原先生に直接聞いてみませんか?

【質問例】
・血液をサラサラにするには、どんな食事を摂ればいいでしょうか?
・自分の血液の“サラサラ”度合いは、どうすれば分かるのでしょうか?
・健康診断で「中性脂肪が高い」と指摘されました。どうすれば下がるでしょうか? お酒は飲んでもいいでしょうか?
・LDLコレステロールが高いのですが、やっぱり放置してはダメなのでしょうか?


 テレビなどメディアでおなじみの栗原先生に質問ができる貴重なチャンスです! この機会にぜひご質問をお寄せください。回答は2018年8月に掲載いたします。


※栗原先生への質問は7月16日で受付を締め切りました。ご協力ありがとうございました。



栗原先生が登場する主な記事

連載 左党の一分

特集 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

特集 失敗しない 糖質ちょいオフ食事術


!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.