日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

チリツモ筋トレで人生を変える! 久野教授の「カラダの強化書」

メタボより怖い! 痩せにくく、筋肉が落ちてきた人は「サルコペニア肥満」予備軍

第3回 脳卒中・心筋梗塞と寝たきりのダブルリスクを回避するには

 久野譜也=筑波大学大学院スポーツ医学専攻教授

 前回の「最近つまずきやすくなったのは、筋肉が発しているSOSだった」では、健康長寿のためには、越えなければいけない「2つの壁」があることをご紹介しました。1つは、中年期の肥満やメタボリックシンドロームの放置によって脳卒中心筋梗塞の発症につながる「60代の壁」。もう1つは、60代の壁を越えた後、サルコペニア(加齢に伴う筋肉量の減少)の放置によって転倒・骨折やフレイル(虚弱)の問題につながる「70代の壁」です。

 70代の壁の原因となるサルコペニアとは、加齢とともに筋肉量が減少していく状態のことですが、今回はこのことについてもう少し詳しく考えていきましょう。

 人は、眠っている時やじっとしている時にもエネルギーを消費しています。これを基礎代謝といいます。基礎代謝の約2割は骨格筋(体を動かす筋肉)で行われています。体を動かさないでいると、骨格筋が減ってきますので、基礎代謝も落ちてきます。すると、それまでと同じ量の食事をとっていても、エネルギーとして消費されなかった分は脂肪として蓄積されていくことになります。

 筋肉量が減少して一定基準を下回り、かつ、BMI(体格指数)が25以上の肥満になると、「サルコペニア肥満」と呼ばれる状態になります。


「サルコペニア肥満」の基準

 次の2つの条件の両方に該当すればサルコペニア肥満となる

1 体重当たりの骨格筋量の割合(筋肉率)が、男性で27.3%未満、女性で22.0%未満

2 BMI[体格指数:体重(kg)身長(m)2]が25以上

筑波大学久野研究室データより。

 みなさんもうよくご存じだと思いますが、肥満に加えて高血圧、高血糖、脂質代謝異常の3つのうち2つ以上がそろえばメタボリックシンドロームと診断され、脳卒中などの脳血管疾患、心筋梗塞などの心疾患を発症するリスクが高くなります。これだけでも怖いことですが、そこへ筋肉量が減少するサルコペニアが進んでくると、筋力が低下するために体を動かしにくくなり、不活動(不活発な状態)になり、それがさらなる筋肉量の低下を招く、という悪循環に陥ります。その状態で転倒や骨折でもしようものなら、要介護や寝たきりにつながる恐れも高まります。

 つまり、サルコペニア肥満になると、サルコペニアによる転倒・骨折などのリスクと、メタボや肥満による生活習慣病のリスクの両方を併せ持つことになり、メタボよりもさらに危機的状況に陥ってしまうのです(図1)。しかも、私たちの研究で、サルコペニア肥満では、単純な肥満よりも高血圧や糖尿病のリスクが高くなることが分かっています(*1)。

図1 サルコペニア肥満の怖さ
(イラスト:堀江篤史)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 詳細は、つくばウエルネスリサーチホームページ e-wellnessシステムによる「サルコペニア肥満」の改善効果を参照

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について