日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ
印刷

データで見る栄養学

データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ

人は食べたものの1~2割を忘れている

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 「そんなに食べていないのに太る」という声をよく聞く。「体質のせい?」と思いがちだが、それにはカラクリがある、と言うのは東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授の佐々木敏さんだ。私たちが太ってしまう理由や有効なダイエット法について、栄養疫学の視点から語ってもらった。

どうやら人間は、摂取したエネルギー(カロリー)を少なく申告したり、食べたものを忘れる癖があるらしい(c)Andrey Cherkasov-123rf

料理のカロリーは推定しにくい

編集部:体重が増えるのは、摂取エネルギーが消費エネルギーを超えるからですよね。でも、私は普段、何キロカロリー摂取していて、何キロカロリー消費しているか、よく分かりません。エネルギー(カロリー)計算をしたほうがいいでしょうか?

佐々木:摂取エネルギーの計算をする必要はあまりないと思います。なぜなら、摂取エネルギーを正確に把握することはできないからです。

編集部:え? 食べたものを記録して、使われている材料の重さからエネルギー量を計算して、合計すればいいんですよね。面倒ですが、頑張ればできるかも…。

佐々木:外食を記録するとき、その場で料理を食材にバラして、1つずつ別々にはかりに載せるわけにはいきませんよね。目についた材料の名前をメモしておくのが精一杯でしょう。重さは後から想像するしかありませんよね。

編集部:確かに。使われている材料が何gだったかを想像するのは難しそうです。

佐々木:「人間が食べたものをどのように思い出すのか」に関する面白い研究が米国にあります(*1)。大手ファストフード店で、食事が終わったばかりの人をつかまえて、「あなたが注文したものは何キロカロリーあったと思いますか?」と尋ね、同時に、トレイに残っているパッケージや包装紙から注文した品を調べたのです。注文したメニューのエネルギー量と、本人が推定したエネルギー量を比べたのが図1です。

編集部:多くの人が、実際のエネルギー量よりも少なく見積もっていたのですね。

【図1】 注文したメニューの実際のエネルギー量と本人が推定したエネルギー量の違い
米国のファストフード店で行った調査。エネルギー量の多いメニューを注文した人ほど、摂取エネルギー量を少なく見積もる傾向があることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

佐々木:エネルギー量の多いメニューを注文した人ほど、本当の値よりも少なく見積もっていた、という点にも注目したいところです。こういったことが起こる根底には、大きさや重さに対する見積もりの誤りがあります。

人は都合の悪いものは記憶から除外する

佐々木:「人間は食べたものを忘れる」という研究もあります(*2)。フィンランドの地域リハビリセンターに入所していた15歳から57歳の人、140人の食事を1日観察し、翌日に、昨日何を食べたかを尋ねた調査です。一定量(20g)以上食べられていた食品について、実際の重量と思い出した重量との違いを表したところ、図2のようになりました。

【図2】 何を食べたかを尋ねて答えた量と実際に食べた量との差
フィンランドでの研究。ジャガイモやかゆなどの主食は実際より多く思い出されているが、ケーキやデザートなど「食べるとまずい」食品は記憶に残りにくいようだ
[画像のクリックで拡大表示]

編集部:ジャガイモやかゆなどは実際より多く思い出されていますが、ケーキ・ビスケットや料理した野菜は、実際より少なく思い出されていますね。

*1 Wansink B, et al. Meal size,not body size,explains errors in estimating the calorie content of meals. Ann lntern Med 2006; 145:326-32.
*2 Karvetti RL, et al.Validity of the 24-hour dietary recall. J Am Diet Assoc 1985;85:1437-42.

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.