日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > 「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?  > 3ページ
印刷

データで見る栄養学

「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?

第2回 栄養疫学から見た「糖質制限ダイエット」の真実

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

「低糖質でも低脂質でもどちらでも、とにかく摂取エネルギーを控えれば減量効果が期待できる」と佐々木さん(c)Andrey Cherkasov -123rf

佐々木 体重の増減はエネルギー摂取量の問題が大きいので、まず、摂取エネルギーを少し控えてみてください。体が軽くなった気がしたらウォーキングにも挑戦しましょう。

編集部 体重計にのるのが楽しくなったら、もっと体に良いことをやりたくなるかもしれませんね。しかし、なぜ、糖質制限ダイエットはこんなにも人気になったのでしょう?

佐々木 脂質やエネルギーの制限が比較的ゆるいところや、「パレオリシック・ダイエット(旧石器時代食)」に似ていて体や遺伝子に「自然」な感じがするから、などが考えられます(*8)。確かに魅力的ではありますが、問題もあります。

編集部 体重に目立った影響をもたらさない点ですか?

佐々木 いいえ。糖質制限ダイエットは食料生産効率(*9)が悪いのです。糖質制限ダイエットでは、食事に占める肉や野菜の比率が高まりますが、動物を生産するには、植物(穀類)を生産する場合よりもエネルギーを使います。なかでも肉、とりわけ牛肉は生産効率が悪く、牛肉を生産するには、米を生産する際の71倍ものエネルギーを投入しなければなりません。これは、71人の中の誰か1人が米を食べる分を牛肉に変えると、残りの70人が飢えることを意味しています。

編集部 なるほど。私たちがダイエット法を検討している一方で、飢餓に苦しんでいる人がいることを忘れてはいけないですね。それに、主食である米やパンより肉や野菜のほうが高価なので、「糖質制限はお金がかかって続けられなかった」という声も聞きますね。

佐々木 ダイエットも経済と関係していますし、「サスティナブル・アース(持続可能な地球)」という視点も持ちたいものです。さあ、あなたはどんなダイエット法を選びますか?

*8 ヒトの遺伝子は狩猟採集民時代にほぼ固定されたため、そのころの食環境に似ている今の「低糖質食」に適応しているという考え方。
*9 収穫できるエネルギーに対して人為的に投入しなければならないエネルギーの比。

データで見る栄養学

第1回 「〇〇は体にいい」を一度疑ってみる

佐々木敏(ささき さとし)さん
東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野教授・医学博士
佐々木敏(ささき さとし)さん 1994年、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了、ルーベン大学大学院医学研究科博士課程修了(ベルギー)。2007年より現職。早くからEBN(evidence-based-nutrition:根拠に基づく栄養学)に注目し、日本初の食事摂取基準の策定に貢献。日本の栄養疫学研究の中心的存在。近著は『佐々木敏の栄養データはこう読む! 疫学研究から読み解くぶれない食べ方』(女子栄養大学出版部)。

先頭へ

前へ

3/3 page

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.