日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > 「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?  > 2ページ
印刷

データで見る栄養学

「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?

第2回 栄養疫学から見た「糖質制限ダイエット」の真実

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

佐々木 図1で紹介した19の研究のうちの一つ、アメリカの研究では、たんぱく質、脂質、糖質の構成比が異なる4種類の食事を食べた場合の体重変化を調べているのですが、結果は、「総エネルギー摂取量が同じならば、どの栄養素からエネルギーをとっても、体重変化にはほとんど違いがなかった」というものでした(*5)。

 ちなみに、この後行われた11の研究をまとめた別の研究(*6)では、脂肪制限食よりも糖質制限食のほうで有意に、具体的には2.17kg多く、体重が減少する結果になりました。このようにどの研究をまとめるかによって結果は少しずつ異なるようです。しかし、過体重者や肥満者の減量効果が2kg程度にとどまっていることを考えると、「糖質制限食は脂質制限食に比べてそれほど目立った効果はない」というのが私の見解です。

編集部 何を制限してもそんなに変わらないんですね……。

佐々木 一つ注目してほしい点があります。図1をよく見てください。全ての研究において対照群でも体重が減っていますね。

編集部 本当ですね。平均で10kg以上やせている研究もあります。なぜですか?

体重計にのるだけ、ウエストを測るだけ、といったことをするだけで、人は健康的な生活習慣をするようになる(c)Rui Santos-123rf

佐々木 人は体に良い(と本人が信じている)ことを一つ始めると、ほかの体に良いことも自発的に始める傾向があるようです。典型例は「体重計にのるだけダイエット」。これは、体重を確認することで、健康的な生活習慣を自らに促すという人間の習性を利用したものです。図1の対照群の人たちも体重計にのっていたかもしれません。

編集部 なるほど。低糖質食群も対照群も「食習慣を変えた」という点では同じだったわけですね。


知っておきたい疫学研究の基本

  • 目的とする食事法の効果を純粋に検討するには、食生活を変えないグループをつくって比較したり、別の食事法を実践するグループを設けて結果を比較する必要がある。このようなグループ(群)を対照群と呼び、このような研究方法を「比較試験」という。
  • やせたい人たちを低糖質食群にして、やせる気のない人たちを対照群にすると、前者はさらに運動を始めてしまうかもしれないし、後者は指示を守ってくれないかもしれない。こうした影響を回避するために参加者を無作為に分ける必要がある。この方法を「無作為(ランダム)割付」という。
  • やせる気がない人が低糖質食群に入れられてしまったり、やせたい人が対照群に入れられてしまうと、それぞれやる気をなくす恐れがある。結果、食事による差ではなくやる気による差が出てしまう可能性があるため、それを回避するにはどちらの群に入っているかを参加者に分からないようにして行う必要がある。これを「盲検化(ブラインド)」という。ただし、薬の比較と違って、食事療法の比較で盲検化を行うのは実際には非常に困難である。

食事療法の効果を科学的に調べることは難しい

佐々木 知っておいてほしいのは、食事療法の効果を検討することは非常に難しいということです。薬の効果を調べる場合、見た目や味が同じ偽薬(プラセボ)を使えば盲検化は簡単ですが、食事の場合、そうもいきません。糖質制限食とそうでない食事では、必然的にメニューが異なりますので、自分がどちらの群に割り付けられたかはすぐに分かってしまいます。

編集部 そうですね。そもそも、参加者が指示通りに食事をとり続けられるかというと、それ自体、難しそうです。

佐々木 オーストラリアの研究で、1年半にわたって低糖質食、低脂質食の食事を指示通りとるようにお願いしたところ、研究開始から半年後には、両群ともに平均的なオーストラリア人の食べ方に近づいていました(*7)。食習慣を変えることは、そう簡単ではないということです。

編集部 食事療法の効果を科学的に調べることは難しいんですね。では、私たちはどうやってやせたらいいのでしょうか?

*5 Sacks FM,et al.Comparison of weight-loss diets with different compositions of fat, protein, and carbohydrates. N Engl J Med. 2009; 360:859-73.
*6 Mansoor N,et al.Effects of low-carbohydrate diets v. low-fat diets on body weight and cardiovascular risk factors: a meta-analysis of randomised controlled trials. Br J Nutr. 2016; 115: 466-79.
*7 Lim SS,et al.Long-term effects of a low carbohydrate, low fat or high unsaturated fat diet compared to a no-intervention control. Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2010; 20:599-607.

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.