日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

竹谷内康修の「自分で治す!からだの痛み」

正しく椅子に座れる「5ステップ法」で、簡単・楽に良い姿勢をキープ

腰痛を再発させない「座り方」改善法【後編】

 二村高史=フリーライター

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)氏(竹谷内医院院長)が指南します。今月のテーマは、腰痛を再発させない「座り方」改善法です。

日本人みんなが悩んでいる「こりや痛み」の正体は?

 おそらく、このコラムをお読みの方の多くは、「腰がつらい」「肩がこる」「首が痛い」といった自覚症状をお持ちのことと思います。

 厚生労働省が実施している「国民生活基礎調査」でも、病気やけがなどによる自覚症状のうち、男性では腰痛が1位で肩こりが2位、女性では肩こりが1位で腰痛が2位につけています。

表◎ 日本人が悩んでいる「自覚症状」トップ5
症状第1位第2位第3位第4位第5位
男性腰痛肩こり鼻が詰まる・鼻水が出る咳やたんが出る手足の関節が痛む
女性肩こり腰痛手足の関節が痛む体がだるい頭痛
(平成25年国民生活基礎調査「性別にみた有訴者率の上位5症状」より作成)

 まさに、国民病といってよいほどの痛みやこりですから、さぞかし研究が進んでいると思われるかもしれません。しかし、正直なところ、その正体はよく分かっているようで、分かっていないのです。

 というのも、こりを含めて「痛み」というのは知覚であり情動なので、第三者からはその状況がよく分からないからです。

 情動は、分かりやすくいえば、感情や気分のようなものです。もちろん、どこかに原因があるからこそ痛くなるのですが、痛さの感覚自体は感情に近いものとしてとらえられているのです。

 仮に、まったく同じ体の状態の人がいたとしても、感じる痛みは必ずしも同じとは限りません。ひどく痛みを感じる人もいるでしょうし、あまり感じない人もいます。

 痛みの感覚は人によって違い、絶対的なものではないのです。ですから、外から見ただけではどのくらい痛いのかが分かりません。

 「この痛みは40ほど。こちらは80くらい」といったように検査で数値化できればいいのですが、それができないのが治療する側にとって難しい点です。

 不思議なことに、それまでひどい腰痛に悩んでいた人が、仕事のストレスから解放されると急に痛みが軽くなるということがよくあります。さらにいえば、ストレスの原因を本人が自覚したとたんに痛みが軽減されることさえあります。

 まさに情動なのです。

 この場合、一つの考えとして、ストレスにさらされることで自律神経のうちで交感神経が優位になり、筋肉の緊張が高まって、骨、関節からの痛みが出るということがありえます。そのために、ストレスから解放されると筋肉の緊張がやわらいで、痛みが減るのかもしれません。

 とはいえ、それでも分からないことだらけなのです。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について