日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

竹谷内康修の「自分で治す!からだの痛み」

腰痛の8割は原因不明! だからこそ大切な“腰に優しい”椅子選び

腰痛を再発させない「座り方」改善法【前編】

 二村高史=フリーライター

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)氏(竹谷内医院院長)が指南します。今月のテーマは、腰痛を再発させない「座り方」改善法です。

原因不明の「非特異的腰痛」は腰痛全体の約80%

 腰痛というと、椎間板(ついかんばん)ヘルニア脊柱管(せきちゅうかん)狭窄(きょうさく)症といった病名を聞いたことがあると思います。ところが、こうした原因がはっきりしている腰痛よりも、原因がはっきりしていない腰痛の方が多いことはご存じでしょうか。

 腰痛を訴えて整形外科の外来を訪れた患者さんのうち、原因が分かるのは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨折、感染症、腫瘍といったあたりでしょう。これを全部合わせても、原因がはっきり特定できる「特異的腰痛」は全体の20%ほどにしかなりません。残りの80%は、どこから痛みが出ているのか、という原因を特定できない「非特異的腰痛」です(図1

図1◎ 腰痛の分類と頻度
[画像のクリックで拡大表示]

 問診の内容や身体検査、そして画像検査などから、痛みの原因をある程度推定することはできますが、はっきりと確定することは困難です。ですから、整形外科でもカイロプラクティックでも、ドクターによって意見が異なることが多いのです。

 腰痛に限っても、同じような症状に対して、体の歪みが原因だという人もいれば、骨がずれているからだ、いや骨盤が問題だという人などさまざまです。

 いろいろなことを言う人がいますが、どれが正しいのか確証はありません。かといって、間違いだともいえません。確認ができないから、否定することもできないのです。整形外科医でありカイロプラクターでもある私が言うのも何ですが、腰痛というのは、一種の「ブラックボックス」といってよいかもしれません。

 では、原因不明の腰痛に対して、整形外科的にはどういう診断を下すのかというと、そこで登場するのが「急性腰痛」や「慢性腰痛」という言葉です。発症から4週間未満を急性腰痛といい、3カ月以上を慢性腰痛といいます。

 しかし、これはあくまでも症状や期間で分類しているだけであって、原因を特定できたわけではありません。いわゆる「ぎっくり腰」も急性腰痛の一種で、原因は分からないケースがほとんどです。最近、注目を集めている「筋膜」の入った「筋・筋膜性腰痛」という診断名もよく使われますが、筋肉や筋膜が腰痛の原因だと特定することも、実は困難なのです。

 結果的に、整形外科では原因がどこなのかは分からないまま、対症療法として消炎鎮痛薬を処方することが多くなります。消炎鎮痛薬で、腰のどこかにある炎症を鎮められれば、痛みはなくなります。

 これを例えていえば、目隠しをして、大きな「的」に向かってボールを投げているようなもの。的が大きいから、その方向に投げればたいていは当たるという話です。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について