日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

榎木英介の「病理医の視点」

「膵がん、肺がんは予後不良」─がん登録2014年集計が突き付ける「ある日突然進行がん」という現実

 榎木英介=近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師・病理医

 やや旧聞になるが、9月26日、国立がん研究センターから「がん診療連携拠点病院等院内がん登録2014年集計」という統計資料が発表された。この資料は、全国の「がん診療連携拠点病院」(*1)から収集されたもの。「(1)各がん種、進行度、その治療の分布を把握し、国や都道府県のがん対策に役立てる、(2)各施設が全国と比較した自施設のがん診療状況を把握し、がん診療の方向性等を検討する、ことを目的」として集められた。

(*1)がん診療連携拠点病院:地域のがん診療の拠点となる病院。「がん診療連携拠点病院等院内がん登録2014年集計」は、全国に421施設ある「がん診療連携拠点病院」を2014年に受診した約67万人の診療データに基づき、がんの進行度(0~IVのステージ)や治療内容などを分析している。

 この資料から読み取れるのは、がんの中には発見された時点で既に転移があるなど、進行している可能性が高いがんがあるという厳しい現実だ。他の臓器に転移がある「ステージIV」の状態で発見される割合は、膵がんは44.9%、肺がんは39.2%にも達する。この2つのがんは特に早期発見が難しいということが、データで裏付けられたのだ。

膵臓は体の奥深くにある

 膵がんと言えば、今年7月31日に亡くなった九重親方(元横綱・千代の富士、本名=秋元貢さん)のことが思い浮かぶ。61歳の若さだった。

 小兵ながら強敵を投げ飛ばす千代の富士の姿は、私たち40代の脳裏にはっきり残っている。貴花田(当時)に負け、潔く引退したその去り際も素晴らしかった。そんな最強の力士の命を奪ったのが膵がんだったのだ。

膵臓は体の奥深く、胃の裏側に位置する。(©woodoo007 -123rf)

 膵臓は、消化酵素が含まれる膵液を分泌したり、血糖値を下げるインスリンを分泌するなど、私たちが食べ物から栄養をとるために不可欠な役割を果たす。

 膵がんが見つかりにくい理由は、症状がなかなか出ないからだ。それは膵臓の解剖学を知れば理解しやすい。

 膵臓は体の奥深くにあり、体の表面から触れることはできないし、胃や腸のようにカメラで見ることもできない。また、腫瘍細胞そのものや、腫瘍による出血が、体の外に出てくることも少ない。腫瘍が膵液を通すくだ(膵管)を塞いだり、十二指腸に顔を出したりすれば、出血や黄疸などで気が付けるものの、その時点でがんは相当進行している。

 私が解剖させていただいた患者さんの中にも、解剖して初めて進行した膵がんが明らかになったケースが幾つもある。ご本人が気付かない間にがんが広がり、それが命を奪う原因の一つとなったのだ。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について