日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

必ず役立つ 治療と検査のプランX

採血なしで測れる!新型血糖測定器「リブレ」

欧州で大人気、腕にかざすだけで血糖値が分かる

 北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト

糖尿病の治療では、患者が自分で血糖値を測りながら治療を進めるケースが少なくない。国内では現在、測定のたびに指に針を刺して採血する装置が主に使われているが、近年、欧州で、採血なしに血糖値を測れる新型検査器が登場し、話題を集めている。採血の痛みがなく、操作も簡単なこの装置が普及すれば、糖尿病治療の姿は大きく変わるかもしれない。

 今、糖尿病の分野で、これまでの治療を一変させるかもしれないとして、関係者から熱い注目を集めている検査装置がある。米アボット・ラボラトリーズ社製の「フリースタイル リブレ」(以下「リブレ」と表記)だ。

二の腕に取り付けたセンサーに本体をかざして測定

米アボット・ラボラトリーズ社が提供している「フリースタイル リブレ」の専用ページ。写真はドイツ語サイトのもの。二の腕に付けたセンサーに本体をかざすだけで血糖値を測定できる。

 リブレは、自分の血糖値を測る装置。現在主流の自己血糖測定器は、指先に針を刺して採血する方式だが、リブレは二の腕につけたセンサーに、スマホサイズの本体をかざすだけで測定できる。検査時の痛みがなく、消毒などの手間も不要だ。

 センサーは2週間付けっぱなしにでき、その間は何度でも血糖値を測定できる。センサーの接着面には細い針が付いており、これが二の腕に刺さった状態になることで、血糖値をリアルタイムでモニターできる仕組みだ。針は非常に細いため、装着時の痛みはほとんどないという。防水なので、付けたまま入浴や水泳も可能だ。

 既に発売されている欧州では、生産が追いつかないほどの人気だという。国内ではまだ未発売だが、個人輸入などで入手する人が現れ始めている。「リブレ」「個人輸入」などのキーワードでインターネットを検索すれば、入手した人が使用感をアップしているブログなどを見つけられるだろう。

アボット・ラボラトリーズ社製の自己血糖測定器「フリースタイル リブレ」
本体(左)はスマホより一回り小さいサイズで、ディスプレーに今の血糖値と、過去8時間の血糖値の推移グラフが表示される。センサー(右)は500円玉ぐらいのサイズ。二の腕に装着すると、裏側にある極細の針が肌に刺さり、体内のブドウ糖濃度を測る。センサーに本体をかざすと、センサーに蓄積された血糖値のデータが自動的に本体に取り込まれ、表示される。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について