日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

必ず役立つ 治療と検査のプランX

手術で治る高血圧「原発性アルドステロン症」

10~20人に1人がこのタイプ、術後に降圧薬が不要になるケースも

 北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト

高血圧の治療といえば、降圧薬が中心。多くの場合、薬を一生飲み続けることになる。だが中には、なんと手術で治療できるタイプの高血圧があるという。それが「原発性アルドステロン症」。症状からは普通の高血圧と見分けがつかないが、簡単な検査で判別できる。そして手術を受ければ、もう降圧薬を飲まなくてよくなるケースも多いという。

手術で治るタイプの高血圧なら、薬をやめられることも!(©Vichaya Kiatying-Angsulee-123rf)

 高血圧は日本の国民病だ。現在の推定患者数は4000万人以上。実に、国民の3人に1人が高血圧を抱えている。

 通常、高血圧と診断された人には、血圧を下げる薬(降圧薬)が処方される。それで血圧が下がれば一安心だが、その状態を保つには、薬を飲み続ける必要がある。治療のためとはいえ、生涯にわたって薬と付き合っていくのは、やはり煩わしいもの。そんな心理もあってか、高血圧と知りながら放置している人も少なくない。

 ここで、血圧が高めの全ての方に、ぜひ関心を持っていただきたい病気がある。それが「原発性アルドステロン症」。アルドステロンというホルモンが過剰に分泌されて高血圧になる病気で、以前は非常にまれと考えられていたが、近年の研究により、高血圧患者の5~10%を占めることが分かってきた。

 原発性アルドステロン症は、アルドステロンを作る「副腎」に、腫瘤などができて発症することが多い。この場合、腫瘤を手術で切り取ると、アルドステロンの分泌量が減って血圧が改善する。降圧薬がいらなくなることも多いという。名前はちょっと怖そうだが、実は「治療しやすい」タイプの高血圧なのだ。

 高血圧患者を4000万人とすれば、原発性アルドステロン症は200~400万人。糖尿病の患者数(316万人)に匹敵する数だ。あなたがその一人である可能性も、十分に考えられるのである。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について