日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

必ず役立つ 治療と検査のプランX

内視鏡より楽に大腸がんをチェックできる「大腸3D-CT検査」

CTのデータを活用した“バーチャル内視鏡”、撮影時間はわずか10秒

 北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト

大腸がんを見つける新しい検査として、「大腸3D-CT」が注目されている。CTで撮影したデータを画像処理によって再構成し、あたかも内視鏡で見たような三次元映像を作成、病変を見つける。最大のメリットは、大腸内視鏡検査と比べて体の負担が少ないこと。人間ドックのオプションとして、3~5万円で受けられる施設が増えてきている。

 がんは、日本人の死因1位の病気。中でも近年増えているのが大腸がんだ。国立がん研究センターが昨年公表した、部位別がん患者数のデータでは、大腸がんの患者数が胃がんを上回ってトップになった(「大腸がんの患者数、男性で初めて1位に」)。

 大腸がんを見つける新しい検査として、今注目を集めているのが「大腸3D-CT」。CTで撮影したデータを画像処理によって再構成し、内視鏡で腸内を見た時のような三次元映像を作成、病変を見つける。近年、CT画像の解像度が飛躍的に良くなり、早期がんなどのかなり小さな病変でも見つけられるようになった(図1)。

図1◎ 同じ早期がんを、内視鏡と大腸3D-CTで見たところ
内視鏡の画像(左)の中央上部に見える、盛り上がったがん病変が、大腸3D-CTの画像(右)にもはっきりと映っている。
[画像のクリックで拡大表示]

 下剤などの事前の処置や、検査に伴う苦痛が大腸内視鏡より軽いのが大きな特徴。検診や人間ドックで手軽に受けられる検査として、期待されている。

 「欧米では10年以上前から研究が進み、内視鏡検査と並ぶ大腸がん検査として評価されています」。国立がん研究センター中央病院で放射線診断科の医長を務める飯沼元氏はこう話す。国内でも徐々に広がっており、今では、「大腸3D-CT」や「バーチャル大腸内視鏡」というキーワードでインターネットを検索すれば、この検査を実施している医療機関が何軒もヒットする。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について