日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

いちばんやさしい“医療とお金”講座

市販薬を上手に使って節税する方法

2017年に始まるセルフメディケーション税制の「お得度」は?

 塚崎朝子=ジャーナリスト

グッデイ花子 「あれ、どうしたの、胃薬なんて飲んで…」

ニッケイ太郎 「最近、夏バテのせいか胃もたれがひどくてね。昼休みにドラッグストアで買ってきたんだ」

グッデイ花子 「ちょっとした不調だったら、わざわざ病院に行かずに市販の薬でなんとかしたいよね。そういえば知ってた? 来年から、薬局やドラッグストアで薬をまとまった額購入すると、所得控除の対象になるみたい」

ニッケイ太郎 「え、そうなの? それってどんな仕組み? どんな薬でもいいの?」

積極的に市販薬を利用した人を優遇する新税制が来年スタート

 2016年も早くも後半戦。今から来年の話をしたら鬼に笑われそうですが、今年度の税制改正で新設が認められ、2017年1月からの実施に向けて着々と準備が進んでいる、ある新しい税制のお話をしたいと思います。

 その新税制とは、2017年1月1日から始まる、「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」、通称「セルフメディケーション税制」です。

 「セルフメディケーション」とは、薬局やドラッグストアで販売されている医薬品(OTC医薬品)を使って、軽度な身体の不調を自分で手当てして健康を管理することです。超高齢化で医療費が膨らむ中、政府は、人々が自主的に健康管理(セルフメディケーション)をすることで、医療機関を受診する機会を減らしてもらい、医療費を削減しようしています。今回の税制は、そうしたセルフメディケーションを後押しする意図で新設されたもので、医薬品業界を中心に大きなニュースになっています。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について