日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

クスリもリスク!?

常に考えたい「果たして本当にその薬が必要なのか」

 北和也=やわらぎクリニック副院長

(診察室にて)

医師 『今日はどうされましたか?』

患者さん 『ちょっとかぜを引いちゃいました』

医師 『じゃあ、かぜ薬を出しておきましょう!』

(パソコンの電子カルテの“かぜセット”というボタンをクリック)

医師 『じゃあ、お大事に!』

(薬局にて)

薬剤師 『咳止めと、鼻水止め、熱冷ましが出てますね~』

患者さん 『え!? 熱も鼻水も咳もなくて、のどが痛いんだけど…』

薬剤師 『…(ヤブ医者め!)』

 病院に行って診察を受けると、最後に「では、○○と××を出しておきますね」と薬を出されることが多いと思います。

 そうすると、「ああ、このお医者さんはきちんと処方してくれた! 病院に来てよかった~!」という気持ちがこみ上げてくるかもしれません。

 患者さんに安心してもらうのは、医師の重要な役割の1つなので、それ自体はとても素晴らしいことだと思います。

 しかし、1点だけ注意が必要です。

 それは「果たして本当にその薬が必要なのか?」ということです。

不要な薬のせいで、重い副作用が出てしまったら

不要な薬を飲んだばっかりに副作用が出てしまったら…。(©Jan Mika -123rf)

 かぜを例に挙げて考えてみましょう。あなたが医師に「咳、鼻水、それからのどが痛い」と訴えたら、咳止め、鼻水止め、鎮痛薬の3つが出されたとします。

 「ん? 何がいけないの?」と思うかもしれませんが、よくよく考えてみて下さい。

 咳はとてもつらいけど、鼻水とのどの痛みは、受診した時点で、薬なしでも改善傾向だったとします。こんなときに鼻水止めと鎮痛薬は必要でしょうか?

 つまり、無駄な薬が含まれている可能性があるのです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について