日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

話題の論文 拾い読み!

改善すれば認知症を35%減らせる可能性のある「9つの危険因子」とは

英国の医学雑誌「Lancet」がまとめる

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 認知症の発症リスクを高める様々な危険因子のうち、本人が意図すれば改善可能な9つの危険因子を、英国の医学雑誌「Lancet」の認知症予防・介入・ケアに関する国際委員会がまとめ、同誌に発表しました。

中年期に聴力低下がある人は認知症リスクが2倍

年齢にはあらがえないものの、認知症の危険因子には改善可能なものも多い。(C)Alexander Raths-123rf

 2015年の全世界の認知症患者は4700万人で、2050年までにその数は約3倍に増えると予想されています。現時点では、認知症を治癒に導くことができる治療法はありません。認知症を発症するリスクは年齢が上昇するにつれて高まりますが、ライフスタイルを改善すれば、リスク低減は可能であることが、近年分かってきました。

 そこで、「Lancet」の認知症予防・介入・ケアに関する国際委員会は、認知症の危険因子に関するデータを収集し、それらの中から、「本人が意図すれば改善できる認知症の危険因子」を9つ抽出しました。さらに、それらを適切に修正すれば、社会全体として、どの程度認知症患者を減らせるのかを推定しました。

 同委員会が認知症のリスク低減において重要と見なしたのは、「11~12歳までに教育が終了」、「高血圧」、「肥満」、「聴力低下」、「喫煙」、「抑うつ」、「運動不足」、「社会的孤立」、「糖尿病」の9つの危険因子です。人生のどの時期に修正する必要があるのかに基づいて、小児期、中年期、高年期に分けて、相対リスクと人口寄与割合(その危険因子を持つ人がいなくなったら、認知症患者が何%減少するかを表す数字)とともに提示しました(次ページ表)。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について