日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

話題の論文 拾い読み!

猛暑で扇風機を使うと熱中症になりやすいって本当?

高温多湿の4つの条件で検証

 大西淳子=医学ジャーナリスト

高温多湿でも扇風機は役に立つ?(©katsuhikoyamagishi-123rf)

 気温が体温に近くなり、湿度も高い場合には、扇風機は使わないほうがよい、かえって熱中症になりやすくなるから―という話を聞いたことがありませんか。

 扇風機の効能は、体温により温められ、体表面によどんでいる空気を、室内の少し温度の低い空気と入れ替えることと、体表面の汗の蒸発を促進させて気化熱を奪うこと、によって発揮されると考えられています。しかし、室内の気温が体温と同様かそれ以上になれば、熱風は体表面を温めるばかりで、湿度が高くなれば汗は蒸発しなくなるだろうから、体に熱がこもって具合が悪くなるだろう―。そうした考えから、高温多湿時の扇風機の使用は控えたほうがよい、といわれているようです。

 米環境保護局(EPA)も、扇風機の能力には限界があり、気温が37.2℃を超えた状態で扇風機を使用すると、熱中症のような病気の発症が早まる、と注意を喚起しています(*1)。

 が、実は、熱波が原因で発生する病気や死亡に、扇風機の使用がどのような影響を及ぼすのかについては、明らかになっていません。高温多湿時の扇風機の使用は、本当に体に悪いのでしょうか。

扇風機がある方が心拍数や深部体温の上昇を抑えられる

 ここで興味深い研究結果をご紹介しましょう。オーストラリアのシドニー大学のNicholas M. Ravanelli氏らが、2013年夏に、カナダのオタワ大学で男子学生を対象に行った研究です。

 Ravanelli氏らは、扇風機の使用が心拍数、深部体温(食道温)、発汗に及ぼす影響を調べるために、8人の健康な男性(平均年齢23歳、平均体重80.7kg)に被験者になってもらい、4つの異なる条件の個室の中にそれぞれ1回ずつ、135分間、Tシャツ短パン姿で座ってもらいました。個室の条件は以下の4通りです:「扇風機あり/室温36℃」「扇風機なし/室温36℃」「扇風機あり/室温42℃」「扇風機なし/室温42℃」。

*1 http://www.epa.gov/heatisland/about/pdf/EHEguide_final.pdf

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について