日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

話題の論文 拾い読み!

ビーチパラソル vs 最強日焼け止め、日焼け予防効果が高いのはどっち?

8月の湖畔で3時間半過ごした後の日焼けスコアを比較

 大西淳子=医学ジャーナリスト

ビーチパラソルの日焼け予防効果はどのくらい?(C) kritchanut-123rf

 ビーチパラソルの日焼け予防効果を評価し、日焼け止め剤を用いた場合と比較する世界初の研究を行った米Johnson & Johnson Consumer社の研究者たちが、パラソルは日焼け予防策としては不十分すぎることを明らかにしました。

 ビーチパラソルのような日よけは、有害な紫外線を物理的に遮りますが、パラソルだけで適切に日焼けを予防できるのかどうかは明らかではありませんでした。そこで研究者たちは、通常の使用環境での、標準的なビーチパラソルの日焼け予防効果を、強力な日焼け止め剤と比較するランダム化比較試験(*1)を行いました。

 試験は、2014年8月13日から15日まで、テキサス州のルイスビル湖(海抜159メートル)の湖畔で行われました。参加したのは条件を満たした92人で、81人(平均年齢41歳、男性25人、女性56人)が試験を完了できました。81人の肌のタイプは、フィッツパトリックスキンタイプ分類(*2)のタイプI(最も紫外線に弱く皮膚がんのリスクが高いタイプ)が1人、タイプIIが42人、タイプIIIが38人でした。

 参加者は、以下の2群のいずれかに、ランダムに割り付けられました。

  • ビーチパラソル(市販されている中で最も一般的な、直径203cm、高さ190cmの製品。JGR Copa社製)を使う群
  • SPF100の日焼け止め剤(Neutrogena Ultra Sheer SPF100+、Neutrogena社製)を使う群

 パラソル群には、肌の露出部分に日光が直接当たることがないよう、パラソルの角度を調節するよう指示しました。

 一方日焼け止め群には、日光の下に出る15分前に、肌の露出している部分に指示通りに日焼け止め剤を塗り、少なくとも2時間ごとに、または製品の表示に従って、複数回塗り直すよう指導しました。実際に塗布した量は、使用前と試験終了後の重量の差を計測して求めました。

*1 ランダム化比較試験:参加者を条件の異なる複数のグループにランダムに割り付けて、その後の経過を比較する臨床試験のこと。
*2 フィッツパトリックスキンタイプ(Fitzpatrick skin types)分類:皮膚の色と紫外線に当たった部位の反応に基づいて、肌の紫外線に対する強さをタイプIからタイプVIまでの6段階に分類したもの。最も紫外線に弱く皮膚がんのリスクが高いのがタイプI。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について