日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

話題の論文 拾い読み!

肺活量が正常でも喫煙者の多くに呼吸器障害

喫煙しない人に比べて息切れ、慢性気管支炎、運動能力低下などが多い

 大西淳子=医学ジャーナリスト

肺活量が落ちていなくても肺の障害は進んでいます。(©Rancz Andrei-123rf)

 喫煙が引き起こす病気として広く知られているのが、肺癌と慢性閉塞性肺疾患(COPD;Chronic Obstructive Pulmonary Disease)です。落語家の桂歌丸さんは、50年以上喫煙を続けてきて、COPDと診断されました。近年では息切れがひどく、移動には車椅子が必要だそうです。

 COPDの診断には、主に肺活量計が用いられます。測定値が一定の値を下回るとCOPDと診断されます。では、COPDの診断基準を満たさない喫煙者は「健康」といえるのでしょうか。

 米国National Jewish HealthのElizabeth A. Regan氏らは、COPDではなくても、慢性的な喫煙経験者(過去に長く喫煙し、現在は禁煙している人を含む)の多くが、呼吸器に問題を抱えていることを明らかにしました。これらの人々は、喫煙したことのない人々に比べ、息切れや慢性気管支炎が多いだけでなく、運動能力も低下していたとのことです。論文は、米国医師会が発行するJAMA Internal Medicine誌電子版に2015年6月22日に掲載されています。

肺活量では測れない呼吸器症状が

 Regan氏らは、COPDの診断基準を満たさない喫煙者や、過去に喫煙していた人たちにも、肺活量測定では検出できない呼吸器症状があると仮定して、45~80歳の米国民を対象に研究を行いました。喫煙歴が「10箱-年」以上(1日の喫煙箱数×喫煙年数が10以上、すでに禁煙している人も含む)で、肺活量測定、胸部CTスキャン、運動能力検査(6分間に歩くことができる距離を測定)などを完了していた人々のなかから、COPDと診断されなかった4388人(非COPD群)と、最も軽いCOPDと診断された794人(軽症COPD群)を選び、喫煙したことのない108人と比較しました。

 慢性気管支炎は、喫煙したことのない人には見られませんでしたが、非COPD群の12.6%、軽症COPD群の15.7%に認められました。息切れを経験していた人は、喫煙したことのない人では3.8%だったのに対して、非COPD群では23.5%、軽症COPD群は22.7%に上りました。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について