日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 血圧の上下差が大きいとアルツハイマー病になりやすい
印刷

話題の論文 拾い読み!

血圧の上下差が大きいとアルツハイマー病になりやすい

血管の老化が発症に関係か

 大西淳子=医学ジャーナリスト

血管の老化を遅らせればアルツハイマー病も予防できる?(©lightwise -123rf)

 上の血圧(収縮期血圧)から下の血圧(拡張期血圧)を引いた値を「脈圧」と呼びます。上が120mmHg、下が80mmHgなら、脈圧は40mmHgになります。脈圧は、動脈硬化が進むにつれて上昇するので、脈圧が高いということは、血管系が老化していることを意味します。脈圧が高い人は、狭心症や心筋梗塞、脳卒中になりやすいこともわかっています。

 米国の南カリフォルニア大学のDaniel A. Nation氏らはこのほど、脈圧が高い人ほどその後にアルツハイマー病(AD)を発症する可能性が高いことを明らかにして、米国医師会が発行するJAMA Neurology誌電子版(2015年3月30日付)に報告しました。

 分析の対象になったのは、米国に住む55~91歳の男女で、認知機能は正常、または、軽度認知障害だった877人でした。軽度認知障害は、健康な人と認知症患者の中間の段階で、記憶などの認知機能の一部に問題はありますが、日常生活に支障がない状態をいいます。多様な患者によって構成されますが、いずれ進行して認知症と診断される人が含まれています。

 研究者たちは、これらの人々の血圧を測定するとともに、腰椎に針を刺して脳脊髄液を採取し、その中に含まれるADバイオマーカー(別掲記事参照)の量を測定しました。それから約28カ月間追跡して、アルツハイマー病を発症したかどうかを調べました。

 Nation氏らは今回の研究で、55歳以上の人々において、ADバイオマーカーの量が正常域からはずれている人(バイオマーカー陽性の人)の脈圧が高いことを明らかにしました。特に、80歳以上の超高齢者では、バイオマーカー陽性者とバイオマーカー陰性者の脈圧の差は顕著で、脈圧が高い人は、より短期間のうちに認知症と診断されていました。

 こうした結果は、ADバイオマーカーの量を測定するかわりに、脈圧をアルツハイマー病発症の予測に利用できる可能性を示しました。

 もしかしたら、血管の老化を遅らせるような生活を送れば、循環器疾患のみならずアルツハイマー病も予防できるかもしれません。

バイオマーカーとは
 バイオマーカーとは、血液や尿、あるいは特定の組織の中に含まれていて、その量、または量の変化が身体の状態を示す物質のことです。遺伝子、蛋白質、脂質や糖質など、様々な物質がバイオマーカーとして利用されています。たとえば、健康診断で測定される血糖値は糖尿病のバイオマーカー、AST (GOT)、ALT(GPT)は肝機能のバイオマーカーです。
 アルツハイマー病については、脳脊髄液中に含まれている複数の蛋白質がバイオマーカーとして役立つことが示されています(アルツハイマー病患者で明らかに値が上昇するマーカーと低下するマーカーがあります)。軽度認知障害よりさらに手前の段階の、認知機能にほとんど問題がない人々であっても、脳脊髄液中のバイオマーカーの量を測定すれば、将来アルツハイマー病を発症するかどうかを予測できるという報告があります。
大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.