日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

話題の論文 拾い読み!

射精回数が多い男性は前立腺がんになりにくい

1カ月に21回以上だとリスクは約20%低下

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 成人以降の1カ月の射精回数が多い男性は、前立腺がん(特に低リスクの前立腺がん)になりにくいことが、米ハーバード公衆衛生大学院のJennifer R. Rider氏らの研究で明らかになりました。

前立腺がんのリスクを下げる因子は不明だった

日本では、男性のがん罹患率2位が前立腺がん。(© Jakub Jirsak-123rf)

 がんの種類によっては、なんらかの生活習慣の改善や感染の防止が発症リスクの低下に役立つことが知られています。

 たとえば肺がんの場合、喫煙しなければ発症の危険性は大きく低下します。子宮頸がんであれば、HPV(ヒトパピローマウイルス)への感染を防げばリスクが低下します。しかし、前立腺がんについては、何に気をつければがんになるリスクが下がるのかは、ほとんどわかっていませんでした。

 著者らは、今回の研究に先立ち、2004年に最初の論文(*1)を発表しています。この論文は、米国の男性医療従事者を8年間追跡した研究結果で、1カ月当たりの射精(性交、夢精、自慰のいずれかを問わない)の回数が前立腺がんの発症リスクと逆相関することを示唆しました。今回は、同じ集団をさらに10年間追跡したデータを利用して、より質の高い分析を行いました。

米国の男性医療従事者の1カ月当たりの射精回数を調査

 この試験に参加したのは、1986年の時点で40~79歳で、がんではなかった男性医療従事者です。それらの男性に対して、1992年の時点で、射精回数に関する調査を行いました。設問は「20~29歳時、40~49歳時、1991年の1カ月当たりの射精回数を以下から選んでください」というもので、選択肢は「0~3回、4~7回、8~12回、13~20回、21回以上」でした。その後、2010年まで追跡できた3万1925人を分析しました。

 月平均射精回数と前立腺がんの関係を分析するに当たって、前立腺がんの発症に関係する可能性のある、食事の内容やライフスタイル、前立腺がん検診を受けているかどうかなどを考慮しました。

 対象となった男性のうち、1カ月の平均射精回数が13回以上だった人の割合は、20~29歳時には57%でしたが、40~49歳時には32%に減少していました。20~29歳時と40~49歳時の射精回数が同程度だったと回答した男性が40%いた一方で、47%は、年をとって射精回数が一段階低下した(たとえば、20~29歳時は8~12回だったが40~49歳には4~7回になっていた)と回答していました。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について