日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 夜型の人は慢性疾患が多く、死亡リスクも高い
印刷

話題の論文 拾い読み!

夜型の人は慢性疾患が多く、死亡リスクも高い

体内時計と活動時間帯の慢性的なずれが健康を脅かす?

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 就寝時間が遅く、朝なかなか起きられない「夜型」タイプの人は、早寝早起きの「朝型」の人に比べて糖尿病などの慢性疾患の患者が多く、死亡リスクも10%高いことが、米国の研究で明らかになりました。

朝型人間には、高齢者、女性、非喫煙者が多い

 一般に、朝型の人に比べ、夜型の人には、代謝系の異常や循環器系の疾患が多く見られます。夜型の人たちには、喫煙者や過体重・肥満者も多く、循環器疾患の危険因子を持つ人の割合も高いことが知られています。しかし、その人が夜型か朝型かということと死亡リスクの間に関係があるかどうかを調べた研究は、これまでありませんでした。

 そこで、米Northwestern大学のKristen L. Knutson氏らは、「夜型の生活は、あらゆる原因による死亡と循環器疾患による死亡のリスクの上昇に関係する」という仮説を立て、英国の一般市民を対象に、これを検証することにしました。

夜型の人は、体内時計と活動時間帯の慢性的なずれが健康を脅かす?(c) Thanapol Kuptanisakorn-123RF

 38~73歳の43万3268人(平均年齢は56.5歳、55.7%が女性)を、日常の活動時間に基づいて「明らかな朝型」(27.1%)、「やや朝型」(35.5%)、「やや夜型」(28.5%)、「明らかな夜型」(9.0%)の4群に分類し、平均6.5年追跡しました。「明らかな朝型」の集団には、高齢者、女性、非喫煙者が多いという特徴が見られました。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.