日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

話題の論文 拾い読み!

「腸内細菌を整えればだれもが健康になれる」わけではなさそう

少なくとも一部には本人の遺伝子が関係、最新研究をレビュー

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 近年、腸内細菌叢腸内フローラ)と健康の関係に注目が集まっています。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のSusan V. Lynch氏らは、近年の腸内フローラに関する研究結果をまとめて、その概要を米国の「The New England Journal of Medicine」(NEJM)誌2016年12月15日号(*1)に紹介しました。これによると、腸内細菌が健康に及ぼす影響の少なくとも一部には本人の遺伝子がかかわるため、腸内細菌を整えればだれもが健康になれる、病気を予防できる、というわけではなさそうです。

腸内細菌叢(腸内フローラ)とは
人の消化管に存在する何兆個もの細菌は、それら同士で、また人の細胞と相互に作用しながら、安定した生態系を形成しています。これを腸内細菌叢(腸内フローラ)と呼びます。腸内フローラを構成する細菌の組成や機能の乱れは、様々な病気の発症に関係することが示唆されています。


 では、Lynch氏らがまとめた腸内フローラの最新知見の内容を見ていきましょう。

腸内フローラと人の関係

 人と腸内細菌は共に進化を遂げて、相互依存の関係を築き上げました。その結果、腸内フローラは、人の免疫系の成熟に重要な役割を果たし、病原体の増殖を抑制し、人の細胞の増殖や新たな血管の形成に影響し、腸の内分泌機能や神経系での信号伝達、骨密度の調節などに役割を果たし、人にエネルギー源を与え、ビタミンを産生し、特定の薬剤に対する反応を修飾し、体外から侵入した毒素の排除を促進するといった作用を持つようになりました。

年齢と腸内フローラ

 人は誕生の際に母親の持つ細菌叢を受け継ぎます。母乳栄養終了後、腸内フローラを構成する細菌の多様性は急速に拡大、7歳から12歳にかけて成人の組成に近づき、成人後は安定します。組成は人ごとに大きく異なりますが、その機能に大差はありません。高齢になると、抱えている疾患や加齢による免疫機能の低下などにより、腸内フローラの組成が不安定になり、多様性も縮小します。

腸内フローラに影響を与える要因

腸内フローラの組成と機能には本人の遺伝情報や抗生物質の服用が影響する。(©Gennady Kireev-123rf)

 分娩法や、本人の性別、年齢、遺伝子、免疫の状態、食事の内容(サプリメントを含む)、便の硬さ、抗生物質などの薬や毒物の摂取、感染症の経験、環境に存在する細菌との接触などが、腸内フローラの組成と機能に影響を及ぼします。

 近年注目されているのが、本人が持つ遺伝情報が、特定の細菌の定着に影響を及ぼすことです。たとえば、太りやすさに関係すると考えられており、日本では「ヤセ菌」とも呼ばれるクリステンセネラセエが腸に定着するどうかには、本人の遺伝情報が大きく影響します。が、一般には、組成に及ぼす影響は、抗生物質の服用のような外的要因の方が大きいと考えられています。

*1 Lynch SV, et al. N Engl J Med 2016; 375:2369-2379. DOI: 10.1056/NEJMra1600266

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について