日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

タンパク質の摂取を増やせば増やすほど、筋肉が増えるわけではない!

第63回 解明されつつある最新知識

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。ご好評いただいていたこの連載も、とうとう最終回を迎えました。今回は、石井先生の研究室で取り組んでいるテーマを中心に、筋肉の最新事情をお伝えしていきます。その研究によると、筋肉を太くするのに有効なたんぱく質の量には上限があることがわかってきたそうです。

高酸素環境では筋持久力もアップする

低酸素環境でのトレーニングに関する研究結果は数多く発表されています。この結果を実際のトレーニングにどう応用できるのでしょうか。(c)chanon tamtad -123rf

 今回は私の研究室で取り組んでいるテーマを中心に、筋肉にまつわる最新情報をいくつか紹介したいと思います。

 まずは第60回で説明した酸素環境に関する新たな実験結果です。高酸素環境の中で、被験者に低負荷・高回数のトレーニング(30%1RMでオールアウトまで)を行わせ、筋持久力の変化を調べたところ、酸素濃度が少し高い状況のほうが筋持久力はアップすることがわかりました

 実験は、酸素濃度が通常より10%高いところで行いました。もちろん全員が一様に反復回数を伸ばしたわけではなく、個人差はありましたが、平均すると通常の酸素濃度よりも高い数字が出ました。

 これまでも自転車を使った実験などで、全身持久力が伸びるという結果はいくつか報告されていましたが、筋持久力に関してはあまり研究がありませんでした。研究の現場では、酸素の摂取と直結する全身持久力はアップしても、筋持久力は伸びないだろうと考えられていました。しかし今回の実験で、その予測が覆されたわけです。

 おそらく、携帯式の酸素ボンベのようなグッズでも一時的な高酸素状態をつくることが可能なので、それによって筋持久力も上がると考えられます。ただし、それは高酸素状態を維持している時に限られるので、ボンベを外してしまえば通常に戻ってしまうと思います。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について