日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 競技でのパワーを高めるには?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

競技でのパワーを高めるには?

第14回 筋出力の70%、1RM 前後の負荷が筋肉を太くして筋力をつける

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、高いパワーを出す領域の広げ方について。ベーシックな筋力を高めた上で、軽い負荷を使ってスピードを出すトレーニングを行い、ピークパワーを高めていくという順序をとれば、全体として大きなパワーカーブが得られます。

ピークのパワー発揮を高める

 筋肉の性能をフルに発揮させるには、負荷を最大筋力の30~35%に設定すればいい、ということを前回(参照記事:『運動パフォーマンスにおける筋の力学的パワー』)お話ししました。最大筋力のおよそ3分の1でパワーが最大になるのであれば、パワーを高めるためには最大筋力の3分の1くらいの負荷でトレーニングすればいいのではないか…と、そういうストレートな発想が生まれてくると思います。

 それはそれでかまいません。実際、そういう研究はされていて、3分の1、あるいはもう少し軽い負荷を使ってスピードを重視したトレーニングを行うと、ピークパワーが上がってくるという結果が出ています。最大筋力はそれほど伸びませんが、瞬間的なパワーが伸びるのです。

「軽い負荷でのスピードが上がることによって、最大筋力の30~35%くらいの範囲で発揮できるパワーが伸びてくるのだと思われます」(石井)。(©Herbert Kratky-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜ、そうなるのでしょうか。これは筋肉そのものが変化するわけではなく、筋肉を制御する神経系の特性が変わってくるのだと考えられます。例えば、軽い負荷の下でたくさんの筋線維を使えるようになる。あるいは、軽い負荷のときに素早い動きができるように、速筋線維を早めに動員するような仕組みができてくる―。いずれにしても、軽い負荷でのスピードが上がることによって、最大筋力の30~35%くらいの範囲で発揮できるパワーが伸びてくるのだと思われます。

 ピークのパワー出力を高めようという単一の目的のためには、これは理にかなったやり方です。筋肉はそれなりにあるけれども、素早い動きでのパワーが不足しているといった課題がある場合には、このようなトレーニングをするのが一番いいでしょう。 

ピークパワーの高さは必ずしも実用的ではない

 こういう話をすると、ある誤解が生まれがちです。30~35%の負荷でピークパワーが高くなるなら、何をおいてもその負荷を使って最大のスピードでトレーニングをするのが一番いいんじゃないかと。

 確かに、パワーが大きいということは対象物に対して大きな力学的エネルギーを与えることができるわけですから、ピークパワーを高めることは非常に大事です。

 しかし、上記の考え方は、パワーのピークしか見ていないということになります。ピークパワーだけを測定する競技があったとしたら、そのトレーニングはベストかもしれませんが、現実のスポーツはそうではありません。もっと大きな負荷がかかる状況で大きなパワーを発揮しなければいけない場合もありますし、刻一刻と変化する条件の下、いろいろな負荷でのパワー発揮が求められます。ピークパワーを高めるというのは、実はモーターや自動車のエンジンと同じように、筋肉の性質をカタログ上で数値化したにすぎないのです。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.