日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

簡単なようで難しい? 握力や背筋力を正しく測定する方法とは

第36回 “筋肉そのものの性質”を知るのに適した等尺性随意最大筋力の測定

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、握力や背筋力など“静的な筋力”を測定する方法を取り上げます。一見簡単そうに見えますが、測定の仕方には十分に気を付ける必要があります。例えば、握力を測るときのグリップ幅の調整だけで、測定値が10%前後も変わることがあります。

握力計・背筋力計による測定は簡単なようで難しい

握力や背筋力などは誰もが一度は測定したことがあるでしょう。簡単そうに見えますが、測定には注意すべきポイントがあります。(©Rakchat Suktum-123rf)

 前回で解説した1RM筋力は、あくまで負荷を上げる動作が成立するかどうかを基準としているため、動作を担う筋肉すべてが、その負荷をクリアするだけの力をもっている必要があります。一部でも力が不足している部分があったり、うまく使えない筋肉があったりすると、その負荷は持ち上がらないということになる。逆にいえば、弱い部分の筋肉をトレーニングしただけで1RMが伸びる可能性もあるわけです。

 その点、今回の等尺性随意最大筋力は、静的な筋力(止まっているときの筋力)なので、動作そのものが及ぼす効果を除外して測定することができます。真の筋肉の性質の違い、筋肉の機能の構造を、動作と無関係で測れるというのは利点だといえるでしょう。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について