日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

1つのトレーニングで「あれもこれも」と過剰な期待をするのは禁物!

第34回 筋トレで1つのメニューで鍛えられるのは1パートのみ

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回からはトレーニングに直接関わる内容を紹介していきます。石井先生によると、トレーニングを行う際には、理解しておくべき大前提があるそうです。それはいったい何なのでしょうか。

1つのトレーニングによる効果は1つしかない

あるトレーニングをすることで、筋肉だけでなく、外観もお肌も…といろいろな効果を同時に望みがちだが、現実に求めていいのは1つだけだ。(©PaylessImages-123rf)

 前回までは筋線維の基本的な性質を中心に解説してきました。今回からは、いよいよトレーニングに直接関わる内容へと移っていきます。

 まず、トレーニングを行う際に理解しておくべき大前提を書いておきましょう。それは、「1つのトレーニングがもつ強い生理学的効果は1つである」ということ。 例えば、筋力を高めるトレーニングをしたときに起こることは筋力の増強であり、必ずしもスポーツ競技力の向上ではありません。筋力トレーニング自体も、1つのメニューで鍛えられるパートは1つの部分(メニューによっては複数の場合も)なので、それ以外のことを求めてはいけません。こういう考えはそれなりに浸透していると思いますが、「このトレーニングをすると、こんな効果もあり、あんな効果もある」といった過剰な宣伝が行われることもあるため、誤解してしまうケースも少なくないと思います。

 これさえやれば筋力はつくし、外観上の変化もあるし、競技力もアップするし、健康にもいいし、お肌もツヤツヤになるし…といったものを誰もが望んでいるでしょう。しかし現実は、1つのトレーニングに求めていいものは1つだけ。別のことを望むのであれば、それを目的とした別のトレーニングをする必要があるのです。そして、それぞれのトレーニング効果の組み合わせによって、最終的な結果を考えなければいけません。まずはそういう認識をすることが大事だと思います。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について