日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋肉を増やせば、糖尿病、肥満、冷え性を予防・改善できる?

第33回 熱産生のカギを握る注目のタンパク質「サルコリピン」

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回も、カラダの中で熱を生み出す仕組みを見ていきます。今、注目されているのが、熱産生に関わる「サルコリピン」というタンパク質です。最近の研究により、体温を作れる能力は褐色脂肪ではなく筋肉がメインで、筋肉が熱を生み出す原動力がサルコリピンであることがわかってきました。

新発見されたタンパク質「サルコリピン」の働きとは?

筋トレをして「サルコリピン」を増やせば、冷え性、肥満、糖尿病の予防・改善効果があることは確実
[画像のクリックで拡大表示]

 熱産生に関わる「サルコリピン」という新しいタンパク質が発見されたと、前回の最後に書きました。それは、これまで話題になってきた褐色脂肪や筋肉の中に含まれるミトコンドリア脱共役タンパク質(UCP)を超える、主役の座に定着していきそうです。

 サルコリピンの機能はまだ十分に解明されていませんが、これもUCP と同様に非震え熱産生の原動力となっています。

 筋肉の中には、筋小胞体というカルシウムをため込んでいる組織があります。筋肉が収縮すると、そこからカルシウムが放出され、弛緩するときにカルシウムが戻るという仕組みがあります。サルコリピンは、筋小胞体からカルシウムを外に漏らしてしまう“悪さ”(働き)をするのです。

 そうすると、カルシウムをくみ上げるタンパク質(カルシウムポンプ)が活性化され、一生懸命にカルシウムを元に戻そうとします。その際に、ATP(アデノシン三リン酸)が使われ、熱が発生する。この仕組みによって、筋肉が実際に収縮しなくても、カルシウムポンプが働いて熱が生み出されるという現象が起こっているようです。

 これはネズミを使った次のような実験で実証されました。正常なネズミと、サルコリピンを作る遺伝子を壊してしまうことでサルコリピンが作れない状態にした(サルコリピンをノックアウトした)ネズミの2種類を、気温4℃の部屋に入れ、サーモグラフィーで身体の温度を観察していきます。すると、正常なネズミは数十分から1時間たっても熱を出していました。身体の表面は冷えるのですが、しっかり身体のコアの温度を維持しています。一方、サルコリピンをノックアウトしたネズミは、どんどん身体のコアの温度が冷えていき、動かなくなってしまうのです。

 筋肉の量は全く同じ。ただ、サルコリピンが作れるか作れないかの違いだけで、片方は体温生産の極度に低い、“冷え性”のネズミになってしまうわけです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について