日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

年をとると筋肉のタイプはどう変わる?

第28回 加齢とともに速筋線維が減る、その逆はない

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、ヒトの筋肉のタイプが加齢とともにどう変わるかを見ていきます。加齢とともに減少するのは「速筋線維」。つまり、素早い力を発揮する能力が落ちてくるのです。それはなぜなのでしょうか。防ぐ手立てはあるのでしょうか。

筋線維は神経の影響を受けて変化する

ヒトの筋肉は、加齢により筋肉のタイプが変わります。素早い力を発揮する「速筋線維」が減っていきます(©PaylessImages-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 前回は、トレーニングによって筋線維のタイプがどうシフトするか、ということをお話ししました。引き続き、今回は“加齢”による筋線維のシフトについて説明していきたいと思います。

 そもそも速筋線維や遅筋線維の割合は、胎児の段階で遺伝子的に決まっていることがわかっています。筋芽細胞という筋線維の元になる細胞があり、それが既にタイプI、タイプIIa、タイプIIxに分かれています。I型の筋芽細胞を培養するとI型の筋線維に、II型の筋線維を培養するとII型の筋線維になるのです。

 ただ最近の研究では、II型の筋芽細胞を培養する際、I型の筋線維につながっている神経細胞を一緒に入れてやると、II型ではなくI型の筋線維になることがわかってきました。どういうタイプになるかは生まれたときに決まっているのですが、そこにつながる神経が違うと、最終的には神経の指令に従ってしまうのです。生まれたときは日本人でも、親がアメリカ人だったらアメリカ人になってしまう。そのくらい神経の影響は即時的で、なおかつ強いということがわかってきました。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について