日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋力もパワーも持久力もつく…そんな万能トレーニングはない!
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋力もパワーも持久力もつく…そんな万能トレーニングはない!

第50回 特異性の原則

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。新しいトレーニング法や筋トレのやり方が紹介されると、マスコミなどが「これだけやっていればOK」などと喧伝することがあります。しかし、実際には、一つのトレーニングで、筋力もパワーも持久力もつくなどという“万能なトレーニング”はないのだそうです。

1つのトレーニングでは1つの効果しか上がらない

 トレーニングの教科書には、古くから「特異性の原則」というものが書いてあります。これは、あるトレーニングを行った場合、そのトレーニングに対しての効果しか上げることができないということ。つまり、トレーニングの刺激には特異性があるという原則です。

 筋持久力を高めるトレーニングを行えば筋持久力は高まりますが、筋力やパワーは向上しません。筋力やパワーのトレーニングであれば、筋持久力の向上は期待しないほうがいいということになります。

オリンピックのスプリンターが、マラソンでもメダルを取ることは考えられない。両極端の能力をトップレベルにもっていくことは不可能に近い。(©ammentorp-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、そうした特異性の原則の打破を期待する声は、いつの時代にもあります。筋力もつく、パワーもつく、筋持久力もつく、そんな万能薬のようなトレーニングがあるのではないかと。しかし、そうしたトレーニングの出現は、生理学的に見ても考えにくいことなのです。

 例えば、スプリント能力と全身持久性というのは両極端な能力になります。ですから、オリンピックのスプリンターは、マラソンでトップの成績を収めることはできません。逆にマラソンランナーが100mを全力で走っても、一般の人よりは速いかもしれませんが、トップレベルには遠く及びません

 このように全身の生理機能をすべてトップにもっていくことは、非常に困難なのです。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.