日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋トレ効果を増強する成分とは、ドーピングの懸念も

第49回 筋肉を成長させるメカニズム(4)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。筋肉が太くなる過程について、「筋トレで筋肉を壊して、再生する際に太くなる」などと説明されることがあります。しかし実際には、筋線維はそんなに簡単に壊れることはないそうです。また、筋トレ効果を増強する成分も明らかになってきました。

「筋肉を壊す」という考えは正しくない

 前回は筋肉が太くなる5つの要因(「メカニカルストレス」「代謝環境」「酸素環境」「ホルモン・成長因子」「筋線維の損傷・再生」)を挙げ、主にメカニカルストレスについて説明しました。

 メカニカルストレスは、トレーニングが筋肉に与える効果のなかでは主要な因子ですが、筋肥大にはそれ以外の要素も複雑に絡み合っています。前回の最後に触れた代謝環境や酸素環境も重要ですし、筋線維の損傷・再生も直接的な要因として大きな役割を果たしているといえます。

 筋線維の損傷・再生について、トレーニングの現場では「筋トレで筋肉を壊す」といった極端ないい方をされることがあります。しかし、実際には筋線維はそれほど簡単に壊れることはなく、多くの場合は筋肉が疲労している程度、あるいは筋肉の細胞膜の機能が少し損なわれている程度であると考えられます。エキセントリック(伸張性収縮)トレーニングなどでは、構造的にはっきりわかる小さな傷ができることはありますが、それも筋肉に大きなダメージを与えるようなレベルのものではありません。普通の筋トレでも目に見えない程度の傷ができている可能性はありますが、それらは痛みを感じることもなく自然に治っているはずです。

 ということで、「筋肉を壊す」という考え方は正しいとはいえません。むしろ筋肉を壊すような激しいトレーニングでなくても、筋肉はしっかり太くなるということを指導者は理解するべきでしょう。

 現在は、筋線維の中のカルシウム濃度が少し上がった状況がキープされると、それが筋肉を太くする刺激になりそうだということがわかってきています。そして、同じ変化は筋トレだけでなく、カプサイシン(唐辛子エキス)を筋細胞に与えても起こるようです。いずれ、カプサイシンが筋トレ効果を増強する刺激として使われる日が来るかもしれません。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について