日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋肉を太くするカギは速筋線維! 鍛え方の“新常識”とは?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋肉を太くするカギは速筋線維! 鍛え方の“新常識”とは?

第48回 筋肉を成長させるメカニズム(3)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回も、前回に引き続き、筋肉を成長させるメカニズムについて見ていきます。筋肉を太くするには、80%の負荷でトレーニングをするというのがこれまでの常識でした。しかし、近年の研究によって、別のやり方でも太くできることがわかってきました。そのカギを握るのが「速筋線維」です。

筋肉が太くなるための5つの要因

図 「トレーニング刺激」を構成する5 つの要因
筋肉を肥大させるにはさまざまなアプローチがある。単一の刺激でも効果はあるが、おそらく一番いい方法は、図の中心の黒い部分のように、すべてが良好に刺激される方法だと考えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 前回は「タンパク質代謝系」のメカニズムについて説明しました。現在の筋肉研究は、タンパク質を合成する工場(リボソーム)の中で働くmTOR(エムトール)という物質に注目が集まっているということもお伝えしました。

 ただ、研究する立場としては、本当はもっと上流の刺激を知りたい。工場で何が起こっているかはわかりつつあるのですが、トレーニングを行ってから工場を刺激するまでの間に何があるのかは、詳しくわかっていないのが現状なのです。

 トレーニングをしたり、力を出したりすると筋肉が太くなる、というわかりやすい現象は確かに存在しています。しかし、研究者としては、そこの部分の解明が一番難しいもの。つまり、筋トレの「何が」筋肉を太くするのかがわからないのです。

 それがわかれば、筋トレそのもののやり方も劇的に変わってくる可能性があります。「何が」の正体を突き止められれば、それを一番強く刺激する方法を行うことで、筋肉は一番太くなるはずだからです。

 とはいえ、完全に解明されていないなかでも、「何が」の候補はあります。上の図がそれで、「メカニカルストレス」「代謝環境」「酸素環境」「ホルモン・成長因子」「筋線維の損傷・再生」という要因が複雑に絡み合っていると考えられています。これらの複合効果によって筋肉は太くなっていく可能性が高いのですが、何がどのように働いているのか、まだ結論を出せる段階ではありません。

 今回は、上記5つのなかで特に大事だとされているメカニカルストレスについて説明していきましょう。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.